女性の悩みを解決するための情報を提供します
ご訪問有難うございます、またのご訪問を心よりお待ちしております!

■月刊売れ筋ランキング



 下記より関連商品他検索できます

           

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■私にピッタリの糖尿病改善法を見つけました!

  つらい食事制限や運動不要の後藤式糖尿病改善法

私は、3年前 会社の検診で、2型糖尿病直前の予備軍と診断されました。

そして受診した病院から、
『まず糖尿病の食事療法や運動による生活習慣改善が必要です。
それがダメだったら、薬事療法で治療しましょう』って言われました。

病院から指導された糖尿病の食事制限の目標は次のとおりです。

・食べ物のカロリーを計算して食べる量を1日1600cal内に抑えること
・間食や、お酒は控えること
・食後、ウォーキングなど、適切な運動をすること

糖尿病の食事制限を始めて当初1週間は頑張ってやってみたのですが・・・・
とても、我慢できません。

まず毎回の糖尿病の食事のカロリー計算が面倒な上、
食べる量が少なく空腹が我慢できないのです。

それに、好きなお酒を控えるのも辛い。

また、食後の運動も仕事で疲れた時など、とてもできませんでした。

要するに、3っ日坊主で続かないのです。・・・・

それで、当然ですが、糖尿病は一向に良くならないのです。

そのうち、こんな続けにくい方法をすすめる病院の指導に疑問を持ち始めました。

でも、薬事療法は対処療法に過ぎないって聞いているのでやりたくありません。

もっと私にあった糖尿病改善法はないものか?
もっと継続しやすい糖尿病の食事療法はないのか?

と思って、インターネットで探し、たまたま見つけたのが
「つらい食事制限や運動不要の後藤式糖尿病改善法」です。

その方法はコチラ⇒ つらい食事制限や運動不要の後藤式糖尿病改善法

ホームページを読んでみると、後藤さんは私と同じような経験をされていて

9年間の病院の指導で一向に改善しないのに
「ある気づき」をきっかけに実践した方法であっさり改善できたとのこと

この方法の特徴は
薬が不要で自宅で実践できること、

つらい糖尿病の食事制限が不要!
肉や魚、卵などをたっぷり食べても大丈夫!
適量ならお酒やおやつだってOK! だそうです。

その上、運動だってしてもしなくても良い。
ただ、一日に10分からちょっとした「あることを」するだけでOK!

そして、食事の仕方や「あること」も選択肢が豊富で、
その中から自分のライフスタイルに合ったやり方を選んでマイペースできる
柔軟性豊富な改善法だそうです。

これは、食いしん坊で我慢強くない私にピッタリな方法だと思いました。
早速、手に入れて試してみようと思います。

つらい糖尿病の食事制限や運動不要の改善法の詳細はこちら。
 つらい食事制限や運動不要の後藤式糖尿病改善法

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

header-a1.jpg
header-a2.jpg

いまからの話は重要です。

なぜなら、リウマチは、薬に頼ることなく、2週間で痛みをやわらげることが
できるからです。

その秘密を知りたい方は、まず、以下の話をお読みください…

much02-H.jpg

会社員のAさんは、今年51歳になります。

かれこれ、20年来、リウマチに悩まされ続けてきました。

はじめの頃は、関節が少し痛むくらいで、日常生活に支障はありませんでした。

e-img1 しかし、40歳を過ぎた頃から、徐々に痛みに耐えられなくなり、
リウマチ治療薬を飲みはじめました。

薬を飲んでいるあいだは、痛みもなく、いつものように生活することができたので、
Aさんは、すっかり良くなった気分でいました。

しかし2年前、状況が一変しました。

「おかしいな…。さっき、薬を飲んだはずなのに、
まだ、関節が痛む…。」

Aさんは、これまで使っていた治療薬の効き目が、
以前よりも、弱くなってきたことに気がつきました。

やがて、痛みに耐え切れなくなったAさんは、かかりつけの医師に相談し、
いままで使っていた治療薬を変えてもらうことにしました。

「これで、また痛みをやわらげることができる…。」

しかし、新しく処方してもらった治療薬が、身体に合わなかったのか、
飲みはじめてすぐ、今度は、全身に湿疹ができてしまいました。

「痛みをやわらげるためだ、少しくらいは、がまん、がまん…。」

e-img2 Aさんは、湿疹がでても気にすることなく、薬を飲み続けていました。

しかし、だんだん薬を飲んでも、痛みが治まらなくなり、
飲んでいないときの苦しみは、のた打ちまわりたくなるほどになってきました。

次第に、ひざを曲げる痛みに耐えられなくなり、
手すりがなくては、とても階段を降りることができません。

「まいったなぁ、少しでも痛みをやわらげられないだろうか…。」

さらにAさんは、薬を飲んでないときの痛みが、
以前よりも、ひどくなっていることに気がつきました。

「ひょっとしたら、どんどん悪化してるのかも…。」

なんとか、改善することはできないのでしょうか…?

much03-H.jpg

ある日のことです。

リウマチに苦しむAさんを見かねて、奥さんが、
家庭で取り入れることのできる改善方法を勧めてきました。

Aさんは、この手の改善方法は、あまり信用していませんでしたが、
わらにもすがる思いで、いまの治療薬と「併用」することで、取り入れてみました。

すると、3日が過ぎた頃、信じられないことが起こったのです…!

毎日、少しずつですが、痛みがやわらいでいくのを
実感できるようになりました。

そして2週間後には、なんと、手すりを使わなくても、
階段を昇り降りできるようになったのです!

これまで、できなかったことが、どんどんできるようになり、楽しくてしかたが
ありません。

Aさんは、一体、何を試したというのでしょう…?

much01-H.jpg

いきなりですが、大切な話をさせていただきます。

それは、あなたが、Aさんのような体験をするためにも、大切な話です。

中には、耳をふさぎたくなるような、聞きたくない話があるかもしれません。

しかし、今からの話は全て、あなたのリウマチを改善させる上で重要です。

なので、どうか、勇気を振りしぼって、そして、意識を集中してお聞きください。

では、はじめにひとつ質問があります。

e-img3 あなたは、リウマチ治療に「特効薬」があると思いますか?

「あったらいいのにな…」
「そんなのがあれば、いますぐ買うよ!」

と思われるでしょう。

その気持ちは、わかります。

私もかつてリウマチで悩んでいました。

なので、そんな夢のような薬があったなら、生活費を削ってでも、手に入れ
たいと思うものです。

しかし、あなたもお気づきの通り、リウマチ治療に「特効薬」はありません

残念ながら、これが悲しい現実です。

しかし、ご安心ください。
ある方法に取り組めば、「リウマチの痛み」をやわらげ、
リウマチを根っこから改善し、あなたの身体を正常な状態に戻せます。

結論からいうと、その方法とは、あなたの身体に起こっている、ある「異変」を
取り除く方法です。

それは、リウマチに悩む患者さんに共通して起こる「異変」です。

実は、リウマチに悩む患者さんの体内では、こんな「異変」が起きていたのです…

「異変」を取り除く方法とは

リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。