女性の悩みを解決するための情報を提供します
ご訪問有難うございます、またのご訪問を心よりお待ちしております!

■月刊売れ筋ランキング



 下記より関連商品他検索できます

           

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

top-H6_20101201155622.jpg

logo2-H_20101201155914.gif

ツライ食事制限や薬を長期間飲み続けない限り治らないなんて、
全くの思い込みに過ぎません。

突然ですが、あなたはこのどれかに当てはまりませんか?

チェック 仰向けに寝ると胃が圧迫された感じがする
チェック 空咳がひどくて、「ゼイゼイ…」と息苦しい感覚がする
チェック みぞおち辺りがチクチクして内側から締め付けられている感覚がある
チェック 空腹時や食後に吐き気がもよおす
チェック 常にムカムカしてゲップしたい感覚がある

以上の症状に当てはまる場合は、慢性化している可能性があります。

逆流性食道炎が食道ガンへと悪化して手遅れになる前に、
ほんのちょっとだけ、この手紙を読んでみてください。

midashi1-H_20101201155856.gif

始めまして、逆食改善士の福辻鋭記と申します。

・日中治療医学研究会員
・日本東方医学会会員
・昭和60年に五反田にアスカ鍼灸院を開設し、鍼灸、
 カイロプラティック、整体を専門に研究

私は現在、東京の五反田にて「アスカ鍼灸院」の院長としてお店をかまえて、
様々な悩みを持つ患者さんを毎日診察し治療を行なっています。

「毎朝起きるたびに胃がもたれていたのに、今ではおかげさまでスッキリです。」
「何をやっても異物感とゲップが治まらなかったのに今ではほとんど感じません。」

などなど、今では多くの逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、急性胃炎の患者さんを
克服して、嬉しい声も沢山いただいています。

実は、私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純なことなんです。

なかなか治らない逆流性食道炎に悩まされている人があまりに多いから。

「そうだけど、逆食はそんな簡単に治るもんじゃないし・・・」

という声が聞こえてきそうですが、実はそんな事は無いんです。

私のところに診察に来る方も、次のような相談をしてきます。

「長くゆっくりと上手に付き合っていくしかない」
「毎日薬を飲んで、ストレスを溜めないのが一番ですよね」
「治らないって言われたんですがどうしたらいいでしょう」


などなど・・・正直な話、あまりに多い相談数に私はびっくりしてしまいました。

この病気に対して心底悩んでいる人が多過ぎることに驚いてしまったんです。

それと同時に、どうにかこの人たちの為に効果的な方法は無いのかと
毎日考えるようになりました。

midashi2-H_20101201155838.gif

今から数年前、ある患者さんに涙ながらに言われたのが、そもそもの始まりでした。

このAさんは、5年間逆流性に悩まされて、
喉のつかえ感がひどく唾を飲み込むのさえやっとの状態でした。

それに加えて、背中と胃の痛みがひどく、
夜寝るのさえやっとの状態だったのです。

眠りについても毎日胃液の逆流で起きてしまうほど慢性化していて、
顔はやせ細り、体重も激減してしまっているようでした。

そんな状態で来店してくれたのです。

midashi3_20101206111914.gif

食べるたびに吐く、食べるたびに吐くを繰り返して、
食べ物を見ることすら嫌気がさしてくる始末でした。

毎日1日1食・・・あまりにツライ・・・

Aさんは毎日部屋の隅で泣いていたそうです。

「毎日5種類の薬を飲んでも一向に気持ち悪さが取れないんです。」
「言われたとおり、私は死ぬまでこの体で過ごすしかないんでしょうか・・・」


彼女は必死に涙ながらに訴えてきました。

そんなAさんを見て、あまりにも可愛そうになり、
何とか助ける方法はないかと思いました。

それからと言うもの、
「短期間で安全に根本治療法法するにはどうすればいいのか?」
と来る日も来る日も研究に取り掛かりました。

狂った科学者のように治療院に引きこもり研究し、東洋医学の視点から、
なんとか治療する方法はないかと必死に研究し続けました。

midashi4_20101201155821.gif

その研究も1年が過ぎようとした日のことです。

私は“あること”に気づきました。

その発見をした瞬間、あまりに嬉しくて、子供のように飛び上がって喜んだのを
今でも覚えています。

早速この方法を試してみたい!と思い、
今まで胃痛や胸焼けで相談に来た人達に協力して貰う事にしました。

そして、ドキドキしながらその方法を、逆流の症状や胃炎がひどい人達に、
それぞれ試してもらうことにしたんです。

すると・・・
慢性化して空咳が出るくらい苦しんでいた人さえ、
わずか30日ほどでスーッと症状が和らいでいったのです。


もちろん、5年間悩み続けたAさんも無事に克服することが出来たのです!

しかも、この治療法は何か特別な薬や道具を使ったわけではありません。

これといって何も使う事無く、
自宅で逆流性食道炎を改善できたのです。

事実、今までの常識では不可能とされてきた、体を酷使しないで、
安全に逆流性食道炎を回復させることが出来るようになったのです。

その後は有名誌やTVにも多数取り上げられ、「日本の名医50人」
にも選ばれるまでになりました。

midashi5_20101201155808.gif

チェック 脂肪分を避けて胃に優しい食事にする
チェック ストレスを溜めない生活を送る
チェック 薬を長期服用してずっと飲み続けている

これらに当てはまると、あなたは逆流性食道炎について、
少し間違った治療をしていることになります。

まず、脂肪分を極力避けた食事をすることですが、
人間の体は脂肪分を取らないと生きていけない体の作りになっています。

生きてはいけないというよりは健康ではなくなり、
免疫力が弱ってしまうことになるのです。

ですから、脂肪分を全く取り入れないと、
悪循環でますます治りづらい体になってしまうのです。

これは脂肪を控えることが、胸の締め付け感、胸焼けを抑えるどころか、
ますます自分で悪化させてしまっている状態に過ぎません。

今では、スーパーでも体に優しい米油などが出ていますから、
少しでも油は取るようにしていきましょうね。

midashi6_20101201155753.gif

次に薬を何年間も飲んでいるのに全く治らないということですが、
もしかしたら今現在あなたも、数種類の処方箋を服用しているかもしれませんね。

これは、数ヶ月経っても何年経っても状況は変わらないでしょう。

食事の時のつかえ感や胸焼けなど一時的には和らぐかもしれませんが、
完全にその後順調に良くなったかというと疑問じゃないでしょうか。

なぜなら、薬を服用しても一時的に症状を和らげる働きがあるだけで、
薬自体には根本の治療にはならないからです。


もちろん薬を飲んではいけないよ、ということではありません。
では無いのですが、薬で根本的に改善していくことは不可能に近いということです。

実際に逆流性食道炎で7~8割の人は、
薬を飲んでいるにも関わらず、何かしらの不都合を感じています。

hyou1.jpg

【逆流性食道炎】薬服用者の症状
武田薬品工業 専門医向けHP引用

midashi7-H.gif

逆流性食道炎を引き起こす原因の一つにストレスがあります。、
それともう一つ、大きな原因が実はあるのです。

よく、ストレスをなくせば治りも良くなるといわれていますが、
それを100%なくすには正直不可能ですよね。

それよりも、もう一つの原因を正していく方が、
はるかに効果的なんです。

その一つの大きな核心の原因とは実は、
「猫背」なんです。

「え?私は自分が猫背だなんて感じたこと無いけど・・・」

とあなたは思うかもしれませんが、実際に診察して触診していくと、
ほぼ全員共通して背中が曲がり猫背だということが分かりました。

これは、年齢や性別、職業とわず共通しているとこです。

だからこそ、逆流性の人は肩や首がみなさん凝ったりするんです。
前かがみになるからですね。

そもそも、病院にいってもほぼ9割がた問診して終わりじゃないでしょうか。

やったとしても、胃カメラをして、胃の状態を見るかスコープで喉の
状態を確かめることで終了してしまいますよね。

だからこそ、根本の核心部分の治療が出来なくて、
一時的な治療だけで終わってしまうんです。

お医者さんを批判するつもりは私は無いですが、これが現実です。

胃カメラ⇒血液検査⇒「喉はきれいですね」⇒胃酸を抑える薬

という流れが大半ではないでしょうか。

これでは、根本的には何もしてないのと同じことに感じます。

midashi9.gif

猫背になる人は、常に前かがみの状態になるので、
胃に負担を掛けてしまいます。

なので、それが原因で酸っぱいものが込みあがってきたり、
その胃酸で食道を傷つけてしまい、食道のつまりを引き起こしてしまいます。

また、それと同時にストレスを極力減らしていくことも
大事になってきます。

これらは原因の一部ですがある方法を行なえば、その原因となる
全ての根本原因を解消し、胃を健康的な状態に導く事が出来るのです。

この方法を行なえば、無理やりご飯を食べないといけない、
ということも無くなり、胃酸の逆流にも悩まされずに生活でるようになるでしょう。

今まで我慢して食べれなかったものも食べられるようになり、
友達との外食や家族との食事も楽しいものになるでしょう。


midashi10.gif

「そもそも薬を使わずに治るなんて信じられません。」

と、自分で本当に治せるのかなと不安に思うかもしれませんね。

今まで何年も治らなかったら、なおさらかと思います。

ですが、ご安心くださいね。

これまで、数多くの逆流性食道炎、十二指腸潰瘍の方の症状を
研究して、実際に効果のあったものだけを厳選してあなたにお伝えしようと思います。

この方法はやり方はいたってシンプルで、何も難しいことはありません。

小学生の方でも、苦痛な区できる内容になっています。

時間にして、1日たったの10分もあれば十分です。

これといった道具を使うことも無く、薬を使わずに、
安全でに根本治療していく方法です。

最低でも1ヶ月もすれば食道のくっついたような感じも無くなり、
胸の締め付け感もスーッと和らいでいくでしょう。

これは、今まで2,513人が実証してくれたことです。

この逆流性食道炎改善プログラムは、
大まかに次の3つをやって頂くだけで大丈夫です。

tejyun.gif

たったのこれだけです。

この大まかな3つの流れを実践して頂くだけで、気がついたら、
食後の吐き気も無くなり、喉の違和感もスッキリしていくでしょう。

それは次の日の朝に起きたとき、
「なんだかいつもと違う!」と急に実感するかもしれません。

「じゃあ、早速どういう流れで実践するか教えてくれませんか?」

はい、この方法を直接あなたにお教えしたいのですが、
今お店の方が忙しくて、それはちょっと出来そうもありません。

そこで逆流性食道炎改善の為の
全てを詰め込んだマニュアルを今回作成しました。

慢性・急性胃炎、十二指腸潰瘍にも効果的な方法も加えて作成しました。

これらの症状を克服する方法は今まで見たことが無いですし、
悩んでいる人たちの為に、少しでも助けになればと強く思った事が
今回の執筆する理由となりました。

ですので、あなたの今現在悩んでいる症状をそれぞれ記載している、
最適なマニュアルとなっています!

この1冊あれば、安全に短期間で改善して行く事が出来るはずです。
では、早速そのマニュアルの一部を紹介していきますね。
【続きを読む】

【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
パーキンソン病ケアプログラム

top2-1.jpg

logo2_20130604155714.jpg

logo3.png

私はパーキンソン専門の改善アドバイザーとして、
毎日多くのパーキンソン病でお悩みの方の相談にのっています。

パーキンソン病といってもさまざまで、重度の方軽度の方、
それに加えて症状もたくさんのケースがあります。

毎日、アドバイスをしたり、ケアする方法を教えているかいもあり、

「手足のふるえが大分おさまってきたように感じます。」
「すり足が大分よくなったよ。」


と、今では沢山の患者さんから嬉しいお声をいただいています。

実は、私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純な事なのです。

それは、パーキンソン病で悩まされている方があまりに多いから。

「そうだけど、パーキンソン病って一生治らないものでしょう?」
と言う声が聞こえてきそうですが、そんな事はありません。

私の所に相談に来る方も以下のように思ってやってきます。

「介護するのに精一杯で私の方ががおかしくなりそうです…」
「どうやって接して行けば良いのか分からない…」


こういう相談があまりにも多くて、私は正直驚いてしまいました。

辛い症状を薬や病院に頼り切る事無く自宅でケアしていく事はできないだろうか、、、
と毎日考えるようになったのです。

logo6_20130604155845.jpg

その研究も1年が過ぎようとした日の事です。

私は、“ある事”に気づいたのです。
その瞬間子供のように飛び上がって喜んだのを今でも覚えています。

そしてドキドキしながらもその方法を今まで相談にきた
パーキンソン病の患者さんに実際に試してもらう事にしたのです。

logo7_20130604155915.jpg

もちろん、10年間悩み続けたAさんも病気の進行が和らぎ、
幻覚症状も和らいでいったのです。
しかも、何か特別な事をしたり特別な薬を使ったわけでは
ありません。

ちょっとしたケアを心がけたり、プラスアルファでちょっと生活に
取り入れるだけで以外とガラッと症状は変化する物なんです。

事実、今までの常識では不可能とされてきた体を酷使せずに、パーキンソン病の
進行を出来る限り食い止めて、自宅でケアする事ができるようになったのです。

logo8.jpg

薬に頼る他はどうしようもない
看護する側にできる事は限られている
この病気に侵攻を食い止める方法などはない

これらに当てはまると、あなたは自分で自分の症状改善に
ストップをかけてしまっている事になります。

実際に、薬に頼り切りにならずに
私の指導によって、手足のふるえがおさまってきた人もいるのが事実です。

実際パーキンソン病は強いお薬を飲みますから、
飲む量や頻度によっては逆に副作用を伴う恐れがあります。

さらに薬に頼りきるという事は、裏返せば薬に頼らないと生きていけない体を、
自ら作ってしまっているのと同じ事なのです。

logo9.jpg

次に看護する側に出来る事は限られていて、身の回りの
世話くらいしか出来ないという方がよくいらっしゃいます。

もしかしたらあなたもそう思っているかもしれませんね。

もし、あなたが介護する側の立場に現在たっているのなら、
現状のままでは回復することはないでしょう。

これは、数ヶ月、数年たっても状況は変わらないでしょう。

きつい言い方に聞こえるかもしれませんが、本当にやるべき事を
やっていない人があまりにも多いのが現状なのです。

ふるえや体の硬直など、一時的に良くなる事もあるかもしれませんが、
日に日に症状がひどくなっていくのが、この病気なんです。

なぜなら、パーキンソン病は難病指定されており、その効果的な治療法や薬もまだ
残念ながら発見されていないのが現状なのです。

もちろん、薬を飲む事で、一時的に症状は良くなる事はあるかもしれませんが、
それだけでは根本的なケアをしていく事は不可能なのです。

お薬とは上手に付き合っていく事が大切ですし、あなたの薬に対する依存度を
今一度見つめ直す良い機会かもしれません。

logo11.jpg

パーキンソン病は神経の病気と言われていますが、うつや認知症などの病気も
併発する恐れがあるものです。

この神経とは脳のドーパミンのことで、これが減る事により
起こる病気と言われています。

ですので、要するに、このドーパミンの量を増やしてあげさえすれば、
パーキンソン病の回復は可能と言う事になるのです。

logo11.jpg

私が研究の末に分かった事は、ドーパミンを効果的に増やしていく事は、
出来るんだと言う事です。

このドーパミンを増やす事によって、体もスムーズに動くようになり、
はっきりとした口調でお話することもできるようになるのです。

パーキンソン病患者の人は、ほぼ共通してこのドーパミンが不足しているので、
この部分を何とかできさえすれば、病気の進行も防ぐ事が出来るのです。

「うーん、でも何だか難しそうでよくわからないや・・・」

とあなたは思うかもしれませんが、心配する必要はありません。

このドーパミンは自分の力でも増やしていく事が可能なのです。

つまり、自宅にいながらパーキンソン病を緩和させる根本治療を
行っていく事ができるのです。


これは、何も大げさな話ではありません。

そもそもお医者さんはお薬を出して、症状を楽にしていく事を
基本としてるので、どうしても一時的なものになりがちです。

あなたの症状を根本から改善していこうとする人は
いないのではないでしょうか?

これでは、根本的には何もしてないのと同じように思ってしまいます。

logo12.jpg

パーキンソン病になる人はドーパミンが減少して、ふるえや筋肉のこわばり、
または幻覚や幻聴などが出てくるわけです。

ですので、まずは何はなくともこのドーパミンを増やす事からスタートして
いかなければいけません。

「うーん、でもそんな風に言われても具体的にどうすれば良いのやら・・・」

と思うかもしれませんが、安心してくださいね。

ある方法を行えば、薬に頼り切ることもなく、効果的にケアしていく事もできるでしょう。

この方法を行えば、前かがみの症状もだんだんと和らいでいき、
ご飯もたくさん食べていく事ができるでしょう。

今まで我慢していた運動や趣味も出来るほどに回復するかもしれません。

「それが本当なら凄い事だけど、何だか信じられないな・・・」

と、もしかするとあなたは思うかもしれません。

今まで何年も治らなかったから、それは尚更感じる事でしょう。

ですが、ご安心下さい。

今まで、数多くのパーキンソン病の方の症状を研究して、実際に効果のあった
方法だけ厳選してあなたに今回お伝えします。

この方法は何も難しい事はなく、小学生の方でも難なく出来る方法です。

一日たったの5分もあれば出来る方法になっております。
特にこれと言った道具を使う事も無く薬に完全に頼り切らずに、健康的に治療して
いく方法です。

この方法を試していく事で、すり足の症状や、手や首のふるえなどは段々と和らいで
くる事でしょう。

これは、今まで私がアドバイスして沢山の方が実証してくれた事です。
ですので、きっとあなたにも効果的な方法となる事でしょう。

具体的にやって頂く事は、次の3つのステップになります。

step-1.jpg

たったのこれだけです。

この大まかな3つの流れを実践して頂くだけで、手足の震えも弱まり
体もスッキリとして元気になる事でしょう。

それは、次の日の朝起きた時に、「何だかいつもとは違う!」と急に実感する
かもしれません。

「じゃあ早速どうすれば良いのか教えてくれませんか?」

はい、この方法を直接お教えしたい所なのですが、現在私の治療院が大変忙しく、
それはちょっと出来そうもありません。そこで、パーキンソン病ケアの全てを詰め込んだ
マニュアルを作成しました。

パーキンソン病で悩んでいる人達の為に根本から改善していく方法をお伝えしていきたい
と強く思ったのが、今回の執筆する理由となります。【続きを読む】

パーキンソン病ケアプログラム

人気ブログランキングへ
【片頭痛 大革命】 30年の痛みが10分で消えた!(偏頭痛)

top-H7.jpg

あなたの片頭痛が、何十年続いていても、
確実に痛みが消える方法を覚えることで
あなたには今日から、頭のすっきりした
楽しい毎日を送っていただきます。


midashimoji.gif

痛みをわからない上司や家族に言われた時、本当に辛い気持ちになります。

痛みが理解できるのは、本当に痛みに苦しんだ人にしかわかりません。

このサイトは、頭の痛みに苦しむあなたのために作成されました。
ですから、あなたは今日で、片頭痛とお別れしていただきます。

※ 片頭痛には、○群発頭痛 ○緊張型頭痛(肩こり頭痛)も含みます

infotop.gif

midashi2_201309301359486cf.gif

頭の痛みが消えると、今まで出来なかった仕事・趣味・スポーツが
思う存分できるようになり、毎日が楽しく思いっきり生活が出来ます。

しかし、

頭の痛みが我慢できず、仕事・趣味・スポーツが出来なくなると、
さらにストレスもたまっていき、何をしてもつまらない毎日になってしまいます。

例えば、仕事ができなくなった場合、仕事を休むことになります。

仕事を休むと、多くの同僚やお客様に迷惑をかけるばかりではなく、
給料も減ってしまうことでしょう。

あなたのお給料が、一日1万円の場合

一ヶ月で1日休んだ場合   一ヶ月のお給料 マイナス 1万円

それを、一年・12ヶ月経つと、 一年間のお給料 マイナス 12万円 になります。

そして、休みが多くなればなるほど、どんどん給料は減る、信用は無くなる・・・

ですから、
痛みを確実に取り除くことが出来る治療方法を自分で覚え、痛みを消すことが
出来れば、仕事を休む必要もありませんし、あなたの信用も無くなることもありません。

そして、何よりも、痛みが無い自由で楽しい毎日を送ることが出来ます。

痛みが続いた場合、1ヶ月に1回休んでも、1年経つと12万円お給料が減ります。

私は痛みで苦む人を、一人でも多く救うために、”即効性のある片頭痛の治療方法”を
書籍にまとめ、痛みで辛い思いをしている あなたへお伝えすることにしました。

この、世界で初めて公開する”即効性のある片頭痛の治療方法”をまとめた書籍、
【 片頭痛 大革命 】のご提供価格を考えました。

痛みが消える価値として、1年で12万円 いや、もっと手軽に5万円・・・

しかし、このページをご覧いただいたあなたには、
痛みのために1日たりとも仕事を休んで欲しくはありませんし、
笑顔で楽しく毎日を送ってほしいと思っています。【ご購入はこちら】

【片頭痛 大革命】 30年の痛みが10分で消えた!(偏頭痛)

人気ブログランキングへ
パーキンソン病ケアプログラム

top2-1.jpg

logo2_20130604155714.jpg

logo3.png

私はパーキンソン専門の改善アドバイザーとして、
毎日多くのパーキンソン病でお悩みの方の相談にのっています。

パーキンソン病といってもさまざまで、重度の方軽度の方、
それに加えて症状もたくさんのケースがあります。

毎日、アドバイスをしたり、ケアする方法を教えているかいもあり、

「手足のふるえが大分おさまってきたように感じます。」
「すり足が大分よくなったよ。」


と、今では沢山の患者さんから嬉しいお声をいただいています。

実は、私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純な事なのです。

それは、パーキンソン病で悩まされている方があまりに多いから。

「そうだけど、パーキンソン病って一生治らないものでしょう?」
と言う声が聞こえてきそうですが、そんな事はありません。

私の所に相談に来る方も以下のように思ってやってきます。

「介護するのに精一杯で私の方ががおかしくなりそうです…」
「どうやって接して行けば良いのか分からない…」


こういう相談があまりにも多くて、私は正直驚いてしまいました。

辛い症状を薬や病院に頼り切る事無く自宅でケアしていく事はできないだろうか、、、
と毎日考えるようになったのです。

logo6_20130604155845.jpg

その研究も1年が過ぎようとした日の事です。

私は、“ある事”に気づいたのです。
その瞬間子供のように飛び上がって喜んだのを今でも覚えています。

そしてドキドキしながらもその方法を今まで相談にきた
パーキンソン病の患者さんに実際に試してもらう事にしたのです。

logo7_20130604155915.jpg

もちろん、10年間悩み続けたAさんも病気の進行が和らぎ、
幻覚症状も和らいでいったのです。
しかも、何か特別な事をしたり特別な薬を使ったわけでは
ありません。

ちょっとしたケアを心がけたり、プラスアルファでちょっと生活に
取り入れるだけで以外とガラッと症状は変化する物なんです。

事実、今までの常識では不可能とされてきた体を酷使せずに、パーキンソン病の
進行を出来る限り食い止めて、自宅でケアする事ができるようになったのです。

logo8.jpg

薬に頼る他はどうしようもない
看護する側にできる事は限られている
この病気に侵攻を食い止める方法などはない

これらに当てはまると、あなたは自分で自分の症状改善に
ストップをかけてしまっている事になります。

実際に、薬に頼り切りにならずに
私の指導によって、手足のふるえがおさまってきた人もいるのが事実です。

実際パーキンソン病は強いお薬を飲みますから、
飲む量や頻度によっては逆に副作用を伴う恐れがあります。

さらに薬に頼りきるという事は、裏返せば薬に頼らないと生きていけない体を、
自ら作ってしまっているのと同じ事なのです。

logo9.jpg

次に看護する側に出来る事は限られていて、身の回りの
世話くらいしか出来ないという方がよくいらっしゃいます。

もしかしたらあなたもそう思っているかもしれませんね。

もし、あなたが介護する側の立場に現在たっているのなら、
現状のままでは回復することはないでしょう。

これは、数ヶ月、数年たっても状況は変わらないでしょう。

きつい言い方に聞こえるかもしれませんが、本当にやるべき事を
やっていない人があまりにも多いのが現状なのです。

ふるえや体の硬直など、一時的に良くなる事もあるかもしれませんが、
日に日に症状がひどくなっていくのが、この病気なんです。

なぜなら、パーキンソン病は難病指定されており、その効果的な治療法や薬もまだ
残念ながら発見されていないのが現状なのです。

もちろん、薬を飲む事で、一時的に症状は良くなる事はあるかもしれませんが、
それだけでは根本的なケアをしていく事は不可能なのです。

お薬とは上手に付き合っていく事が大切ですし、あなたの薬に対する依存度を
今一度見つめ直す良い機会かもしれません。

logo11.jpg

パーキンソン病は神経の病気と言われていますが、うつや認知症などの病気も
併発する恐れがあるものです。

この神経とは脳のドーパミンのことで、これが減る事により
起こる病気と言われています。

ですので、要するに、このドーパミンの量を増やしてあげさえすれば、
パーキンソン病の回復は可能と言う事になるのです。

logo11.jpg

私が研究の末に分かった事は、ドーパミンを効果的に増やしていく事は、
出来るんだと言う事です。

このドーパミンを増やす事によって、体もスムーズに動くようになり、
はっきりとした口調でお話することもできるようになるのです。

パーキンソン病患者の人は、ほぼ共通してこのドーパミンが不足しているので、
この部分を何とかできさえすれば、病気の進行も防ぐ事が出来るのです。

「うーん、でも何だか難しそうでよくわからないや・・・」

とあなたは思うかもしれませんが、心配する必要はありません。

このドーパミンは自分の力でも増やしていく事が可能なのです。

つまり、自宅にいながらパーキンソン病を緩和させる根本治療を
行っていく事ができるのです。


これは、何も大げさな話ではありません。

そもそもお医者さんはお薬を出して、症状を楽にしていく事を
基本としてるので、どうしても一時的なものになりがちです。

あなたの症状を根本から改善していこうとする人は
いないのではないでしょうか?

これでは、根本的には何もしてないのと同じように思ってしまいます。

logo12.jpg

パーキンソン病になる人はドーパミンが減少して、ふるえや筋肉のこわばり、
または幻覚や幻聴などが出てくるわけです。

ですので、まずは何はなくともこのドーパミンを増やす事からスタートして
いかなければいけません。

「うーん、でもそんな風に言われても具体的にどうすれば良いのやら・・・」

と思うかもしれませんが、安心してくださいね。

ある方法を行えば、薬に頼り切ることもなく、効果的にケアしていく事もできるでしょう。

この方法を行えば、前かがみの症状もだんだんと和らいでいき、
ご飯もたくさん食べていく事ができるでしょう。

今まで我慢していた運動や趣味も出来るほどに回復するかもしれません。

「それが本当なら凄い事だけど、何だか信じられないな・・・」

と、もしかするとあなたは思うかもしれません。

今まで何年も治らなかったから、それは尚更感じる事でしょう。

ですが、ご安心下さい。

今まで、数多くのパーキンソン病の方の症状を研究して、実際に効果のあった
方法だけ厳選してあなたに今回お伝えします。

この方法は何も難しい事はなく、小学生の方でも難なく出来る方法です。

一日たったの5分もあれば出来る方法になっております。
特にこれと言った道具を使う事も無く薬に完全に頼り切らずに、健康的に治療して
いく方法です。

この方法を試していく事で、すり足の症状や、手や首のふるえなどは段々と和らいで
くる事でしょう。

これは、今まで私がアドバイスして沢山の方が実証してくれた事です。
ですので、きっとあなたにも効果的な方法となる事でしょう。

具体的にやって頂く事は、次の3つのステップになります。

step-1.jpg

たったのこれだけです。

この大まかな3つの流れを実践して頂くだけで、手足の震えも弱まり
体もスッキリとして元気になる事でしょう。

それは、次の日の朝起きた時に、「何だかいつもとは違う!」と急に実感する
かもしれません。

「じゃあ早速どうすれば良いのか教えてくれませんか?」

はい、この方法を直接お教えしたい所なのですが、現在私の治療院が大変忙しく、
それはちょっと出来そうもありません。そこで、パーキンソン病ケアの全てを詰め込んだ
マニュアルを作成しました。

パーキンソン病で悩んでいる人達の為に根本から改善していく方法をお伝えしていきたい
と強く思ったのが、今回の執筆する理由となります。【続きを読む】

パーキンソン病ケアプログラム

人気ブログランキングへ
貧血体質改善プログラム

kakaku.jpg

midashi7-H1.jpg

貧血体質になるそもそもの原因とは、鉄が圧倒的に足りないと言う事が
まず一つ考えられますがもう一つの要因として、体が鉄を吸収できない
と言うことが考えられます。

この要因がはるかに重要なんです。

「え?鉄には気をつけてるつもりだけど・・・」

とあなたは思うかもしれませんが、実際には“吸収しやすい”
体作りにすることが重要なのです。

これは貧血を改善する上では、
年齢や性別、職業とわず共通しているところです。

血の流れを良くしてあげて、鉄の吸収しやすい体にしてあげさえすれば
貧血の症状は改善させていく事が可能なのです。

世の中には鉄分を簡単に摂取するサプリメントはありますが、
これらの成分が本当に吸収されるのは約10%と言われています。

ですから、吸収しやすい体作りをする前に
いくら鉄を摂取しても意味が無い状態なのです。

これは根本から体質改善が出来なくて、
一時的な治療だけで終わってしまうのですね。

特に批判するつもりは無いですが、
これがサプリメントの実際のところなんです。

とにかく、鉄分、ほうれん草、サプリを飲んで、
鉄分を摂りましょう、と。

ですが実際、これでは、一時的には改善したような気になるかもしれませんが、
根本的には何もしてないのと同じことなのです。

midashi8-H.jpg

今まで述べてきた事が積み重なっていき慢性的な貧血になってしまい、
ふらついたり、深く体を休めた感じがしなくなったりしてしまうのです。

また、それと同時に心身ともにストレスを極力減らしていくことも
貧血改善には必要になってきます。

しかし、これらはほんの一つの改善法です。
ここから本質となる改善法法をお伝えしていきますが、
この方法を行なえば、貧血の症状があらわれることも無くなり、
休日でもアクティブに生活できるようになるでしょう。

今まで何となくダルかったり、疲れやすい体が理由で何も出来なかったのが、
旅行の計画をたてたり、スポーツも体力を気にせずに出来て
毎日が楽しいものになるでしょう。

midashi9.jpg

「どうやったら貧血が改善出来るの?」

と、思うかもしれませんね。

ご安心くださいね。

これまで、数多くの貧血がヒドい方の症状を研究して、
実際に効果のあったものだけを厳選してあなたにお伝えしようと思います。

この方法のやり方はいたってシンプルです。
何も難しいことはありません。

小学生でもできる内容になっています。
時間にして、1日10分もあれば十分できる内容です。

これといった道具を使うことも無く、サプリメントやドリンク剤に頼らずに、
安全に根本的に改善していく事が出来る方法です。

最低でも2週間もすれば、体が鉛のように重く感じることも無くなり、
朝もスッキリと起きる事が出来る様になるでしょう。

これは、今まで沢山の人が実証してくれた内容です。

このプログラムは大まかに次の3つをやって頂くだけで大丈夫です。

3tu.jpg

この3つの流れで体質を整えて貧血を撃退していく方法になります。

この流れにそっていく事で、体質を根本的に改善するだけでなくて
栄養素も吸収されやすい体になり、体全体が軽くなったように
感じられる事でしょう。

それは、次の日の朝起きた時に

logo2-H1.gif

と、急に実感するかもしれません。【続きを読む】

貧血体質改善プログラム

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。