FC2ブログ
女性の悩みを解決するための情報を提供します
しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」

header_20100731112853.jpg

もしかして、あなたも以下のような対処をしていませんか?

※ 市販で売っている水虫薬を根気良く毎日塗っている

※ 皮膚科で処方される塗り薬、服用薬を使っている

※ 足がむれないように風通しのよい清潔な環境を心がける

※ 毎日のようにお風呂で必死に足を洗う

もしそうなら、水虫を根本から治すことは出来ないでしょう。
そしてこの先もずっと水虫に悩み続けることになります。

その理由を具体的にお伝えしますので、5分だけこの手紙をお読みください。

病院に一切頼らず、自宅で簡単に

しつこい水虫菌を元から除去する方法を初公開します!!


はじめまして。
中村 徹司と申します。

私は、これまで長年にわたり水虫菌の分析や
治療法に関する研究を行ってまいりました。

その成果も社会的に認められ、メディアなどに取り上げられることも多いので、
もしかしたら、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

水虫で悩む人があまりにも多いから

そして、その人たちに効果的な治療法を教え、水虫を治していただくためです。

「でも、今までも色々と試してきたけど、結局は治らなかったし・・」

という声が聞こえてきそうですが、心配は要りません。

以前、私のところに相談しに来た人たちも、以下のようなことをおっしゃっていました。

「一般に売られている水虫薬を塗っても一向に治らない」

「皮膚科で処方されている塗り薬、服用薬を使っても症状が良くならない」

「足がむれない清潔な環境を心がけているが、水虫はひどくなるばかりだ」


私はこれらの悩みを解決しようと、
数十年以上にわたり水虫治療の研究に取り組んできました。

世間に出回っている水虫薬の効果や、皮膚科などで行われる
治療治療の結果を測定し水虫菌に最も有効な治療法を研究し続けてきたのです。

また、
「なぜ、足の皮が白くふやけた状態になり、むけるのか?」
「なぜ、ポツポツと小さな水ぶくれができ、それが破れてしまうのか?」
「なぜ、足の裏全体が硬くなるという症状が現れるのか?」

そして、水虫による二次的な問題、

「足の裏がカサカサやグジュグジュになる」
「いやな臭いや、我慢できない痒み」

これら水虫菌に関する症状や問題を徹底的に分析し実験を繰り返してきました。

その過程で私自身もいくつかの水虫治療法を世に広め、
多くの方から感謝の声をいただき、社会的にも認められてまいりました。

しかし、それでも私は、もっと多くの人たちが簡単に水虫を治せるように
更なる研究を積み重ねてきたのです。

そして、その研究がちょうど一年を過ぎようとしたとき・・・
私は水虫菌を消滅させる“ある決定的な方法”に気がつくことができました。

その瞬間は「これだ!」と、飛び上がったことを今でも覚えています。

私には確信がありました。
「これなら、誰でも簡単に水虫菌を元から除去することができるぞ!
そして二度と水虫にならない足にすることができる!」


そして、実際にその方法を水虫で悩んでいる人に試してもらうことにしました。

すると、どうでしょうか?

10日もしないうちに、足の裏の水虫菌が除去され、

臭いや痒みまですっかり無くなってしまったのです。


さらに、いつまでもサラサラで清潔な状態を保つことができるようになりました。

もちろん、この人たちはすべて何十年と水虫菌に悩まされてきた人たちばかりです。

つまり、どんなにしつこい水虫菌でも、
この方法を試すだけで元から除去できるということを証明することができました。


あなたの水虫が完治しない3つの理由

1.水虫の患部を乾燥させて薬を塗るのは間違いです!

水虫を治すためには、足の皮膚の患部を乾燥させることは大間違いです。

実はその反対で、水虫を治すためには足の皮膚の患部をふやかさなくてはいけません。

なぜなら、水虫の足の患部が乾燥したまま、
そこに薬を塗っても水虫の菌が潜む足の裏の皮膚の深層まで
薬の有効成分は、届かないからです。

皮膚は乾燥すれば乾燥するほど、
外部からの液体、あるいは軟膏クリームの浸透を困難にします。

しかし、多くの人は、水虫の足の患部をふやかすと、
水虫の菌がさらに増殖して病状が悪化する、という間違った
迷信、妄信、思い込みをかたくなに信じ続けているのです。

また、「足の裏の皮膚」と、「顔や頬、腕や手の平の皮膚」の構造や
性質は同じ皮膚でもその構造はまったく違います。

一番分かりやすいのは「厚み」が全然違いますよね。

厚みが違うということは、汚い例えですが、
お尻の表面をきれいに拭いても、腸の奥には便が残っているように、
どんなに足の表面をきれいにして薬を塗っても、
足の皮膚の奥の方には全くその効果が届いていかないということです。

それならばどうするかというと、
足の裏の「皮膚をふやかせて、薬の浸透性を高めること」によって
初めて、あの厚い皮膚の奥にある水虫菌に対して有効な治療ができるのです。

「でも、わざわざそんなことをしなくても、
今の水虫薬は浸透するようにできていますよね?」

確かにそう思いたい気持ちは分かります。
ですがここでもまた、間違った思い込みが水虫の完治を邪魔しています。

どういうことかというと・・

2.水虫薬で水虫は完治しない!

水虫の季節になると大々的に放映される、テレビCM。

その薬を塗れば、まるでガラスが砕け散るように水虫の菌は破壊され、
水虫は完治すると、錯覚させるコンピューターグラフィック映像。

ところが!!!

ただ乾燥させた足の裏の皮膚に、水虫の薬をいくら塗っても、
足の皮膚の中では、コンピューターグラフィックのような現象は一切発生していません。

でもこれだけ大々的に水虫のテレビCMが放映されているのだし、
きっと優秀な製薬会社の研究員が開発した薬だから、それを使えば治るに違いない。

そう思って、まさにワラにもすがる思いでその薬を購入し、
試し続けているのではないでしょうか。

ですが、先ほども書いたように足の裏の皮膚は非常に厚く、
水虫菌が繁殖するのは、奥深くなので、皮膚の表面に薬を塗るだけでは、
決して水虫が治ることはないのです。

それなのに、ただその薬を塗れば、水虫がすぐに治るような錯覚を与える
テレビCMは、それを流しつづけること自体、大変罪深いことではないでしょうか。

「それならば、お医者さんはどうなの?」

3.医師も治療法を知らない?

水虫の場合、医師が書いた新聞のコラムやインターネットのサイト情報、
あるいは診察室で医師から直接指導される内容は、ほとんどみな同じです。

● 「水虫の患部をよく乾燥させなさい。
お風呂上りに、足の皮膚が、ふやけている内に薬を塗りなさい。

● 水虫の患部以外にも、広めに薬を塗りなさい。

● 水虫の症状がなくなっても、最低6ヵ月は薬を塗りつづけなさい。
根気よく治療をつづけなさい。

そして最後に
「そうすれば、かならず水虫は治ります。」
ですが、そうやって実際にその治療法で水虫が完治したという成功例はある
のでしょうか?

私が知る限りでは、そんな例はありません。
水虫の菌は足の皮膚深くにある柔らかいケラチンという層で繁殖しています。

医師の指導の通りに、ただ薬を塗っただけでは、
そのケラチンに薬が届くことはありません。

従いまして、これらの医師の指導は、実質的に正しくないのです。
一番困ることは、医師たちの、この水虫に関する間違った見解や指導は、
いまだ改善されずに、全国民に対して布教し続けているということです。

いかがですか?
なぜ水虫がいつまでも治らないかが分かっていただけたと思います。

それならばどうすればよいのか?

もしあなたが水虫をしっかりと治したいのなら、

ケラチンに入り込んだ水虫菌を除去できる方法で

治療をしなければなりません。


そして、それができるのが私の水虫治療法なのです。

この治療法を行うことにより、あなたの足の裏から水虫菌が消滅され、
イヤな臭いや痒みもスッキリとなくなってしまうでしょう。

カサカサ、グジュグジュなどの症状もキレイにさっぱりとなくなり、
今後二度と水虫にならない清潔な足でいられるのです。

あなたのしつこい水虫菌も、

すっきりと消滅させてください。


「でも、なんだか大変そうだし・・・」

たしかに、自分にもできるかな・・・と不安になるかしれませんね。

しかし、ご安心ください。

これまで多くの人たちが、
“たった10日間、自宅で簡単に水虫菌を消滅させた方法”をお教えします。

この水虫治療法は何も難しいことではありません。

まずは水虫の弱点を知ることから始まります。

水虫の弱点とは!?

水虫を完治させる為に、水虫の弱点を正しく理解していなければ、
水虫を治すことはできません。

それならば水虫の弱点とは、一体何でしょうか???

それは、皮下の水虫菌の繁殖栄養源であり、さ
らに水虫の菌を足の外の攻撃から守る役目をしている、
皮膚深くの柔らかいケラチンという皮膚組織をある方法を使って
「溶解」、あるいは「除去」によって足の外へ流失させ足の裏の皮膚の厚さを
薄くすることにあります。

ちょっと分かりにくいかもしれませんね。
簡単に言うと次のステップをやってもらうだけです。【続きを読む】

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」

人気ブログランキングへ