FC2ブログ
女性の悩みを解決するための情報を提供します
山本正子「ドライアイ改善プログラム」

06-11.gif

02-1.gif

02-2.gif

02-3.gif

ドライアイが改善され、ストレスのない晴々とした人生を歩み出すあなたへ・・・

こんにちは。ドライアイ改善プログラムコーチの山本正子と申します。

突然ですが、あなたは今“ドライアイ”のことで大きな悩みを抱えていませんか?

もしくはご家族が「ドライアイですぐ目が渇いて辛い・・・」と嘆いていませんか?

きっとドライアイに悩んでいるあなたは、今まで一度はドライアイを改善しようと
試みたことがあるかと思います。

でも、多くの場合は間違った改善方法を実施したり、お医者さんから
「ドライアイは治らない」などと言われて諦めてしまったり、その場をしのぐために
何度も目薬を点したり、抵抗のある涙点プラグを挿入するのが現状だと思うのです。

私が見てきた多くの方々も、あなたと全く同じ状況だったのでこのことは胸が
痛むほどよくわかります。

ですがもしここに、

1日たった15分の簡単なトレーニングを自宅で一人で行ない、わずか35日で
改善していくドライアイ改善プログラムがあるとしたら、あなたも試してみたい
と思いませんか?


それも、

ドライアイに悩み、苦しみ、軽度のうつ状態にまでなったアパレル店員さんが
実際にドライアイを改善させ綺麗な白い瞳を取り戻し、視力までも上がり、現在は
趣味のサイクリングを裸眼で心ゆくまで楽しんでいるとしたら、あなたも試して
みたいと思いませんか?

今からこの手紙を通して、あなたに
そのOLさんの人生を救った『ドライアイ改善プログラム』のすべてをお話し
させて頂きます。

このOLさんと同じようにドライアイで悩む一人でも多くの方に活用して頂き、
幸せな人生を歩み始めてくれれば、私にとってそれ以上の喜びはありません。

それでは早速、あなたにドライアイ改善プログラムのすべてをお話させて頂きたい
のですが、その話をする前にまずはドライアイが原因で軽度のうつ状態にまで
なった川崎裕美さんが立ち直るまでの経緯を少しだけお話させて頂ければと思います。

01-1-H2.gif

私が川崎裕美さんにお会いしたのは今から3年前になります。

裕美さんは当時20代前半で、某アパレル会社で、ずっと憧れていた洋服の販売員
として充実した生活を送っていました。

裕美さんは、私とお会いする1年前に、長く勤めていた会社を退職し、友人の紹介で
幼い頃から憧れていた洋服の販売員として働くことにしたそうです。

裕美さんはとても充実していましたが、忙しい毎日を送っていました。
朝は8時から開店の準備をし、その後は販売員としてお店に立ち、夜はパソコンを
使って売上などの集計作業をしていました。

毎日全ての仕事が終わる頃には夜の10時をまわっていたそうです。

それでも裕美さんは休むことなく毎日仕事をこなしていました。

裕美さんは入社して間もなく、会社内で知り合った一人の男性社員とお仕事をする
中でお互いに惹かれあい、二人は自然とおつき合いをすることになったそうです。

彼はとても気さくな方で、仕事もでき、彼の後輩や周りの方々からの人望も厚く、
裕美さんにとっては自慢の彼氏でした。

裕美さんにとって彼の存在は、大変な毎日の仕事をこなしていく上で大きな心の
支えとなっていました。

やりがいのある仕事があって、心から自分を理解し、支えてくれる大好きな彼。

裕美さんはまさに幸せの絶頂にいました。そう、この時までは・・・

なぜなら裕美さんは
「もう死んでしまいたい。」と2年後、思う事になってしまうのです。

01-2_20110402172624.gif

それを裕美さんがはっきりと認識し始めたのは、入社して1年が経とうとして
いた頃でした。

裕美さんはある日、目の中がゴロゴロしたような違和感を覚え、目が覚めたのです。
ちょうどその日の前日は、いつもより長い時間パソコンを使って作業をしていたので、
「少し目が疲れているのかな」と特に気にすることもなく市販の目薬をさして仕事に
向かいました。

しかしその日をきっかけに、目が痛くなって急に涙が溢れてきたり、目の奥が痛く
なったりしたそうです。
お客さんと話している最中にも目が気になって、対応がおろそかになってしまう事が
何度かあったそうです。

「おかしい。私の目はどうなってしまうんだろう…」
自分の目に異常を感じた裕美さんは、眼科に行こうと考えました。
しかし、もともと責任感の強い裕美さんは眼科に行くことよりも仕事を
優先したのです。

そのまま毎日の仕事に追われ半年が経とうとしていた頃、裕美さんの目は明らかに
疲れやすくなっていたそうです。それだけではなく、常に目が渇いて充血している
のが当たり前になっていました。
裕美さんは市販の目薬を使って対応していました。一度の接客が終わる度に買って
きた市販の目薬を点していました。しかし、それでも目の渇きは変わらず続き、目の
充血も良くなるばかりか、むしろひどくなっていったのです。

それでも裕美さんは毎日の仕事に追われ、朝から晩まで仕事をこなし続けたのです。

それからさらに半年が経とうとする頃、
裕美さんは彼の口から出た言葉に大きなショックを受けることになったのです。

01-3-H.gif

裕美さんは、彼の口から出た言葉に自分の耳を疑いました。
まさか自分を一番理解してくれていると思っていた彼の口から、そんな言葉を
聞かされることになるとは思っていなかったからです。

裕美さんは何よりも任された仕事を第一に考えて、一生懸命仕事をこなしていました。
そんな自分を彼氏は認めてくれていると思っていました。

裕美さんは、彼の一言にいい表すことのできないショックを覚えたと後に語っています。

彼も悪意があって言ったわけではありませんでした。本当に、彼にとってはささいな
一言だったのです。

しかし、時に何気なく発した一言ほど人を傷つけてしまうものです。

裕美さんは、その日から周りの人からの視線が必要以上に気になるようになった
そうです。

洋服を買いに来るお客様も仲の良かった同僚達でさえも自分の目をおかしいと
思っている、みんな私の目を濁っていると思っている。
そんな風に考えるようになってしまったのです。

そう思い始めると、大好きだった接客にも大きなストレスを感じるようになりました。
それだけでなく、ドライアイの症状である目の疲れや渇き、痛みは以前にも増して
一層ひどくなり、ついには店先に出ることが嫌になってしまったそうです。

「これじゃあ私はダメになる・・・この目をどうにかしよう。」
そう思った裕美さんは、一日お休みをとって自宅近くのある眼科に行くことに
したのです。

そこで医師の口から出た言葉が、裕美さんをさらに追い詰めることになったのです。

01-4.gif

一瞬、裕美さんは先生が何をいっているのか理解できませんでした。
正直、あまりのショックに先生の話す内容を覚えていなかったと裕美さんは後に
語っています。

そして、続けて先生の口から出た言葉にさらに大きなショックを覚えたと
語っています。

「ドライアイには、これといった治療方法はないのです。
一つ涙点プラグという方法がありますが、プラグがとれなくなるなどの
危険も伴います。
それにあなたのドライアイの場合には処置することはできません。目薬を出して
おきますので、あまりにひどいようでしたらまた来て下さい。」

今考えてみれば、その病院の先生の対応は決して親身になってくれるものでは
なかったそうです。
ですが、それだけではなく裕美さん自身がドライアイというものを知らないが為の
不安に飲み込まれていたのかもしれません。

裕美さんは先生に
「まぁ様子を見て、ひどいようでしたらまた来て下さい。」
と、おざなりな対応しかされず、不安を抱えたまま家路についたのです。

「治療方法がない……どうすればいいのかな…」
一人自問自答を繰り返しますが、答えは出てきませんでした。

「これがもっとひどくなったら私の目は…」

何も解らない中で一つだけハッキリとしていたのは、自分がドライアイだという
事実と、治ることがないという圧倒的な絶望感でした。


彼にそのことを告げると、彼も暗く落ち込んだそうです。

それからというもの、彼との歯車まで狂い始めたのです。

ある日、裕美さんと彼は話をしている内に裕美さんの目の話になり、口論に
なりました。
彼は、裕美さんがドライアイだと分かってから裕美さんの気持ちを出来るだけ
理解しようとしていました。この時、裕美さんのことを考えていたからこそ
「仕事なんかしてないでもっと早く眼科に行けばそんな目にならなかっただろ!」
と言ったそうです。
自分への愛情からつい出てしまった言葉だと裕美さんは理解できたのですが、
やはりショックでそれ以上は話も出来ず、ただ涙を流し「ごめんね・・・」と
つぶやいたそうです。

それからというもの、彼の仕事が忙しくなったこともあり、すれ違いを感じる
回数が多くなっていったのでした。

01-5.gif

あれほど販売員に憧れていたのがうそのように、裕美さんは接客をするのが
苦手になっていました。

そして裕美さん自身、ずっと憧れだった“販売員”としての仕事が、ドライアイに
なった原因かもしれないと考えるようになっていました。

この頃になると、いつも目にゴロゴロと違和感があり、片時も目薬を手離すことが
できないほど、裕美さんのドライアイはひどくなっていたそうです。

それでも、責任感の強い裕美さんは会社に通い続けたのです。
もう朝と夜の電車も苦痛で仕方がありませんでした。
目が痛いだけでなく、頭痛が起こることも少なくありませんでした。
それに、以前に比べて目が腫れぼったく、目つきも変わってしまっていたそうです。

それでも、「自分がいなければお店がまわらない」そう思いながら精一杯仕事を
こなしたのです。

ある日、いつものように会社に行くと、突然上司から異動を言い渡されました。
「えっ・・・こんなにがんばっているのに、なんで?」
あまりにも急な話に、裕美さんは上司に何度も掛け合いました。

裕美さんの上司はその理由を言いたがらなかったそうです。しかし、何度も掛け
合う裕美さんに根負けし、その理由をこう話したのです。
「販売員はお店の鏡、きれいでいなければダメ。がんばってくれてるけど・・・今の
裕美さんの表情では、きれいとは言えない。」

「なんで・・・なんで・・・」裕美さんは涙が止まらなくなり、何も言えずその場から
走り去ったそうです。

「もういい。疲れた……仕事も行きたくない。誰にも会いたくない。
……このままならいっそのこと死んでしまいたい・・・・・・」
極度のストレスと疲労を抱え、裕美さんはここまで考えていたそうです。

この次の日です。
裕美さんが知人の紹介で私のところへ来たのは。

裕美さんは見るからに憔悴しきっていました。

「先生、私の目、病院に行ってもダメだったんです。」
「なんでこんな事になってしまったんでしょうか?」

裕美さんは消え入りそうな声で私に聞いてきました。

「裕美さん、あなたのようにドライアイで悩みを抱えても前向きに暮らしている
人はたくさんいます。それは事実です。そして、一般的なお医者さんの説明や
流れている情報だけを見ると『ドライアイは絶対に治らない』と思ってしまう方が
ほとんどです。しかし、私のすぐ近くには私がお教えした方法で一人で改善されて
しまった70代の女性の方もいらっしゃいますよ。」

「えっ・・・」裕美さんが驚いて私を見ました。

「下向きな言葉を聞いて諦めや絶望を感じてしまうお気持ちはよくわかります。
しかし、私自身が椎弓分離症(ついきゅうぶんりしょう)という病を患い
『もう手術しか治療方法はありません。』と医師から宣告され、うまく動く事すら
できない状態から自分の力で完治させました。人間には、その人の乗り越えられる
試練しか与えられないのです。今から私がお教えすることをすれば、ドライアイは
きっと改善に向かいます。だから、安心して下さいね。」

私がそう言うと、裕美さんの目には涙が溢れ、いまにもこぼれ落ちそうに
なっていました。

01-6.gif

裕美さんは自分が思っていたドライアイへの認識を改め、みるみる立ち直って
いきました。

私の話した内容は、裕美さんにとって一つ一つどれも衝撃と期待を与えていた
そうです。

それは、いままで裕美さんが通っていた眼科や病院では得られない知識や方法論
ばかりだからです。

まず、裕美さんには今までのドライアイへの認識を改め、ドライアイがどういう
ものなのか?また、ドライアイにどう対応していくことが良いのかをお話して
いきました。

そしてドライアイを改善するために、あることをお教えして改善を目指すように
なったのです。
その方法は一日たったの15分ででき、驚くほど簡単なものなんです。

裕美さんも次第にドライアイの改善を感じることができるようになり前向きに
なったことで、彼の理解と協力も再び得られるようになり、すべてが見違える
ほど上手くいくようになったのでした。

後から聞いて分かったのですが、改善法を最初に聞いた裕美さんの印象は

「ほんとにこれだけのことで、ドライアイが良くなるの?」

と、半信半疑だったそうです。
しかし、裕美さんはまさにわらをも掴む思いで少しでもドライアイの状態が良く
なればとの一心でこの方法を実行してみたそうです。

そして、プログラムを開始してから3週間くらいが経ったころでしょうか。

ドライアイに悩み下向きになっていた気持ちが嘘のように消え、いつの間にか
目薬をさす回数が減り、目のゴロゴロとした違和感も無くなり、真っ赤に充血
していた目が気にならなくなっていたのです。

裕美さんの変化に一番に気がついたのは、裕美さんを近くで見続けていた
彼だったそうです。
少しずつ、裕美さんは以前のように職場の同僚や上司とも楽しく笑顔で話が
出来るようになっていきました。そして、何より裕美さん自身が販売員に
戻りたいと思いながら、前向きに一生懸命に仕事に集中出来るようになって
いったそうです。

それから3ヵ月が経った頃、裕美さんは販売員に戻ることになったのです。
裕美さんにとってあの時ほど人生で喜びを感じたことはないと言っても過言
ではないかもしれません。

外見が気になって人目を気にすることも、目が渇いて何度も何度も目薬をさす
ことも眼科に通うこともなくなり、昔のように軽度のうつ状態にまでなって
いた裕美さんが信じられません。

今では、目の渇きや充血を気にして外出を控えることもなく、景色を見ながら
サイクリングを楽しんでいる姿はまさに幸せそのものです。


でも、裕美さんがやったことと言えば、一日わずか15分あることを
しただけなのです。

つまり・・・

01-7-H.gif

通常ドライアイの話になると、お医者さんからは治らないと言われた、または
外的処置ではなく、根本から改善させたいけど、どうやって改善していけば良い
のか見当もつかない、という方が多いと思います。

しかし、良く考えてみて下さい。

どんな病気でも原因があってその結果として症状が出るように、ドライアイに
対する認識や知識を身に付けて理解をすれば、ちゃんと改善の方向へ導くこと
ができるのです。

正しい方法を理解し実践することこそ、簡単に早く改善する道ではありませんか?

最近聞いた話なのですが、うつ病を次々と改善させているある名医は、一般の
精神科のお医者さん達と違い、まず体をしっかりと温め続けるように指示を
するそうです。
事実、それを続けるだけでうつ患者ご自身が「気持ちが楽になった。」と言う
のだそうです。
しかし、99%の一般的な精神科では精神安定剤が処方されてしまいます。

つまりその名医の例でもわかるように、どんな業界でも成功者と呼ばれる
上位1%の人たちの間には、一般の方達とはまったく違う情報が共有されている
ということだと思いませんか?

私はこの話を聞いた瞬間に、
「あっ、これは私のドライアイ改善プログラムと同じだ。」
そう思ったのです。

なぜなら、一般的にドライアイは「改善することはない」だとか
「高額な、ある漢方でなら改善するかもしれない」などというイメージが
ほとんどだと思うのです。これが 99%の方達の考えです。

しかし私のプログラムは、
「自宅で今の生活に取り入れるだけ」
「簡単で1日15分でできる」
「高額なお金なんて必要ない」

という一般のイメージとは全く逆の方法なのです。

そしてどちらが効果があるのかと言えば、私の経験やこの方法を実際に
実践した方達の結果から言えば、明らかに後者の私のプログラムを実践した
方が効果が高いのです。

その証拠として、すでにこのプログラムを実践した方々から山のように
うれしい声が届けられています。

ここで全部をご紹介したいのですが、あまりにも沢山の声がありますので、
ここではそのほんの一部をご紹介させていただければと思います。
【続きを読む】

山本正子「ドライアイ改善プログラム」

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://m5h0066.blog81.fc2.com/tb.php/840-260c937c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック