FC2ブログ
女性の悩みを解決するための情報を提供します
ご訪問有難うございます、またのご訪問を心よりお待ちしております!

■月刊売れ筋ランキング



 下記より関連商品他検索できます

           

自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法

top-H16_20120906112908.jpg

あなたは頚椎症、頚椎ヘルニア、変形性頚椎症、頚椎症性神経根症で、
以下のようなつらい症状はありませんか?

チェック 首から肩にかけて電気が走るような痛みと焼けるようなシビレがある。
  首の付け根の痛みとコリ、下を向くと肩や肩甲骨あたりがビリビリ痺れる。
チェック 肩から肘が激しく痛い。手の痛みシビレ、腕の力が入りづらい、手指の痺れ。
  肩から指先にかけて、つったような不快感や違和感がある。
チェック 背中が痛い。背中や肩がカチカチ硬まってしまう。肩甲骨に刺すような痛み。
  肩甲骨から腕にかけて、だるいような鈍痛がある。
チェック 二の腕が焼けるような痺れや痛み、片側の腕全体の痛み、腕のダルさとシビレ、
  腕に違和感がある。
チェック 腕も上げづらく、握力も弱い。腕力・握力の低下、箸やペンも上手く使えない。
  症状がひどくなると吐き気がする。
チェック 寝違いのひどい感じ。首に寝違えたような痛み、寝違えたような肩の痛み。
  起きた時に背中、腕にかけてジンジン痺れる。
チェック 鈍痛、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、目の疲れ、アゴの違和感。
  毎日、慢性的な痛みがある。
チェック 倦怠感、うつ状態、イライラ、手足のこわばり。思考力低下、ふらつき、脱力感。
  食欲不振、吐き気、聴覚過敏、口の渇き、四六時中の頭痛など。
チェック ひどい肩コリ、むち打ちの後遺症、自律神経の不調、それに伴ううつ症状・・・。

もしも、あなたがこれらの症状から一刻も早く解放されたいと思っているのであれば、
どうぞこのまま読み進めて下さい。

message1_01.jpg

この手紙は、治療しているのに痛みがまったく治まらない。リハビリをしているが
一向に良くならず先行きが不安。
毎日痛みに耐えて仕事や家事をこなしているなど、頚椎症、頚椎ヘルニアの症状で
苦しみ、悩んでいるあなたへ向けて書いた手紙です。

自宅で出来る1日15分のエクササイズ、誰でも出来る簡単なストレッチを行うだけで、
夜も寝れないほどの痛みしびれを解消する秘密の改善法をすべて公開しています。

この改善法を実践して30日経った時、あなたは快適な日常を取り戻せた喜びを
感じていることでしょう。

しかし私の痛みしびれ改善法は、インタビューしたお客様だけではなく、
頚椎症、頚椎ヘルニアで来院した多くの方を改善に導いてきた実績があります。

今からあなたにも、この改善法をお伝えします。

初めまして。細川晶生と申します。
私は、東京都日野市で整体・カイロプラクティック院を経営しています。

私の施術院には色々治療を試したけれど改善されなかったような、
難治性症状・疾患をお持ちの方が多く来院されます。

不安な気持ちで改善をあきらめかけていた来院者に、当院の施術技術を受けて
いただき、特殊エクササイズをお伝えし実践していただくことで、日常生活に
問題ないレベルまで体調を回復させてきた実績があります。

今回、私が改善法をお伝えしようと思った理由はひとつです。
それは私の元に来る頚椎症、頚椎ヘルニアのクライアント※の方から、

「治療しているのに痛みがまったく治まらない」
「何とか手術をしないで治らないでしょうか」
「手術をしたが、いまだに手のしびれ痛みがあり精神的に参っている」

など、悲痛な訴えを聞くことがあまりにも多かったからです。

※一般に患者様の事を、私の方ではクライアントと呼んでおります。

midashi1-H3.jpg

一般に多くの方が病気になると内科の病院、ケガをすると外科の病院に行かれます。
また、慢性的な痛みの場合、整体院や鍼灸院などに改善を求めて通われる方が
多いです。

しかし、私は病気やケガの症例によって症状回復の近道になるなら、
運動療法でも栄養療法でも良いと思う療法はどんどん取り入れて、
回復の道を探るほうがいいのでは?
西洋医学と東洋医学を融合し施術してもいいのではないか?と考えていました。

そんな思いから私は施術に活かしたいと、整体やカイロプラクティックの技術のみ
ならず、年月をかけてあらゆる総合医療に関する知識や治療法などを多く習得して
きました。

また、痛みの原因には心が影響しているものが多くあることに気づき、
専門的に心理学も学びました。
心理カウンセラーの資格も取得して、施術前にヒアリングしながら臨床に
取り入れています。

私はクライアントで基礎疾患(その人が元々もっている慢性的な病気、いわゆる持病)
がある方には、あらゆる検査数値の確認やお薬手帳などを持参していただき、
状態を把握したうえで施術を行います。

例えば腰痛の方でも、筋肉が委縮して血液循環が悪くなっている方と血液をさらさらに
する薬を飲んでいる方。鎮痛剤を服用されている方。ステロイド剤を服用されている方
とでは、施術方法も考慮して変えています。

多くの知識や経験から、その症状で悩み苦しんでいる方の一刻も早い改善回復の道を
探して施術にあたっています。

誤解を恐れずに言えば、クライアントの苦しみを取り除くことが出来るなら、
療法にこだわらず、解決の方策を急ぐことが大切だと思っています。

そんな考えを元に、頚椎症・頚椎ヘルニアの改善にも取り組んできました。

療法にとらわれず、最新の手技療法、基本の施術ノウハウを組み合わせながら、
最良の改善法を検証して、試行錯誤してきました。

患者様の反応、回復具合に効果がないことが続くと、もう研究をあきらめようと、
何度も投げ出したい気分になったものです。

そんな失望の日々が続きましたが、あるエクササイズやストレッチなどを
組み合わせることで、患者様の症状が徐々に緩和されて改善していく方法や
手順がわかってきました。

多くのクライアントの回復効果を立証できた療法や運動などを組み合わせて、
「頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法」をやっと完成させることが出来ました。

私の20年間におよぶ施術ノウハウ、特殊エクササイズ指導の蓄積から生まれた
改善メソッドです。

あなたの望む未来、そしてゴールは何ですか?

それは頚椎症、頚椎ヘルニアの症状を改善して、痛みやしびれのない、
以前と変わらぬ体調を取り戻すことではありませんか?

では施術家としての私の役割、そしてゴールは何でしょうか?

それはあなたの痛みしびれの症状を取り除き、快適な暮らしができる体調に戻すこと。
そのために改善法のノウハウをすべて授けることです。

hosokoawaphoto2.jpg

【続きを読む】

自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法

人気ブログランキングへ
腰痛改善法「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

shinriyokunoonna.jpg

突然ですが、あなたは腰痛の為に治療院に行ったことがありますか?

それとも今通っていますか?

整体、カイロプラクティック、はり、灸、マッサージ、接骨院、整形外科・・・
などなど、数多くの治療院とさまざまな治療法がありますが・・・!

☆ あなたはその治療で満足する効果を感じていますか?

☆ 慢性腰痛の本当の原因を説明して頂いていますか?
 (ぎっくり腰は1週間~2週間くらい安静にしていれば自然に治るのに、
  なぜ慢性腰痛はなかなか治らないのか?)

☆ 治療院に定期的に(整体やカイロプラクティックなどに)、あるいは毎日
 (保険が利く整形外科などに)通い続けていませんか?

☆ それではお金と時間が大変だと思いませんか?
   
そんなあなたに大朗報です!!

自分で行なう魔法の矯正法2分間、ある事を1日2~3回行なうだけで・・・

慢性的な腰痛を改善できるのです!

そう! ご自身で腰痛を改善してください!

今からその秘密を明かしますので・・・!

実はぎっくり腰を繰り返す方、または慢性的な腰の痛みがある方のほとんどが
左右どちらかに傾いた骨盤に原因があるのです!
 
ではどうするのか? その秘密とは?

治療院に行かなくても済む秘密はここ!! 

チェック 自分で骨盤の傾きをチェックする方法があります!
 
チェック 治療院に行かずに自分で骨盤を矯正する方法があります!

チェック 自分でやれる骨盤矯正はとってもカンタンです!

チェック 矯正後、立ち上がって歩くとすぐに違いがわかるほどの
  即効性があります!!


チェック これで完璧!! 矯正をしてもまた傾いてしまう骨盤を
  1~2か月で傾かない強い骨盤をつくる方法があります!


「慢性的な腰痛にお悩みの方へお願いです・・・!」

「28年間、慢性的な腰痛に苦しんだ私が、ある矯正法で完全に腰痛を改善することが
できました。そんな情報をあなたにお伝えしたいと思いますので、ぜひこのまま
本文をお読みください。」

はじめまして。軽部 史泰 (かるべ ふみやす)と申します。

私は現在、骨盤修正アドバイザーとして慢性腰痛に悩んでいる方、
骨盤に傾きがある方に、私の発見した矯正法ある方法で腰痛の
改善と普及に努めています。

では、なぜ私が骨盤修正アドバイザーとして活動をおこなっているのか・・・?

それは私がある日、ストレッチの最中に偶然行なった、ある場所を○○する
画期的な骨盤矯正法を発見したからでした。

この矯正で28年間、あんなに辛い思いをした慢性腰痛が嘘のように完全に良くなり、
腰痛になって以来ずっと通っていた治療院にもまったく行かなくなってしまったのが
始まりでした。

その矯正法があまりにも効果があったので、私の周りの多くの慢性的な
腰痛に悩む方々や、腰に何も問題のない方が物を持ったり、ある動作で
急に腰や臀部に痛みや違和感が出た方にもこの方法を試してみると・・・!     

チェック  「実践したすべての方が、すぐその場で良くなってしまうのを見て!」
  (5か月間で、34人の腰や臀部などに痛みや違和感を持つ方全員が、矯正後に
  「矯正前と全然違う!」と驚きの声を聞かせてくれました。)

チェック  「通っていた治療院にはまったく行かなくなってしまったと聞いて!」   
  「これは、もしかしたらすごい事なのかも・・・!」と感じ、 そして!
      
自分で腰痛を治す!この簡単で画期的な矯正法を、もっとより多くの慢性的な
腰痛を持つ人達にも伝えたい!」と思うようになりました。
この矯正法は今まで誰も考えつかなかった方法で、簡単に自分で骨盤の傾きを
修正することが可能です。
   
この方法で骨盤の傾きを修正すると、たいがいの慢性腰痛の症状が改善するのが
わかりました!

また、今迄ネットや本などあらゆる物で調べてみましたが、私の発見した矯正法は
どこにも載っていませんでした。
 

腰に痛みや違和感を持つ方の症状を、ほんの数分で改善してしまうこの矯正法の
威力は凄まじく、おもしろいように次々に私の周りの腰痛を持つ方々の症状を
改善していきました。

ところが・・・!

長い間傾いていた骨盤は、日常生活や力仕事、スポーツなどでわりと簡単に
元に戻ってしまうことがわかってきました!
(一般の治療院での矯正も同じで、わりと簡単にまた傾いてしまいます。)

つまり、この問題の対策がない限り、骨盤は傾いては矯正する、
傾いては矯正する
の繰り返しなのです!
 
最初の頃は、1日に朝、昼、晩と自分で骨盤の傾きをチェックして、骨盤が傾く
たびに自分で骨盤の矯正をおこなっていたので腰痛の悩みは無くなりました。

本当に腰痛の苦しみから解放され、嬉しくて嬉しくて快適(?)な日々を送って
いました。

ただ、矯正をしても数日経つとまた骨盤が傾いたりする時もあり、そのたびに
矯正をしなくてはならない事もありました。

そこで、もしこの矯正法で傾きを治した後もそのままずっと傾かない骨盤をつくる
事が出来るとしたら、慢性腰痛にとって最高の改善法になるのでは・・・!
と次第に思うようになりました。

そして、この最高の改善法も探してみようと思いました。

この問題を解決する為に、いろいろ探しながら研究し自ら実践し、半年ほどの
時間を掛け試行錯誤の末ついに ある方法 にたどり着きました。

さらに半年を費やしテストや改良を重ね、ようやく完成しました!

この方法が完成出来たのは、自分で骨盤の傾きがチェック出来たこと、骨盤が
傾くたびに自分で簡単に矯正が行なえたことが大きな要因だったと思います。

その方法はとても簡単で、テレビを見ながらでも行なえます。

最初は、私が発見した矯正法で両足の長さをそろえて骨盤を修正します。
(腰の痛みや違和感などの症状は、この矯正で一発で解消します。)

その後、ある方法を毎日行なっていきます。(定期的に骨盤の傾きを
チェックして、傾いている場合は矯正法で修正して行なっていきます。)

すると、2~3か月(早ければ1か月)で矯正を行なわなくても骨盤は
傾かなくなり、このある方法だけを毎日行なえば済むようになります!


でも、これで終わりではありませんでした!

骨盤の傾きを矯正法で治しても、再び傾くのを防ぐために考案した方法でしたが、
このある方法で腰痛の改善以外にも他の効果があることもわかってきたのです!

O脚の改善ができ、さらに激痛を伴う女性に多い股関節の病(変形性股関節症)
までが、このある方法1つで予防が出来ることがわかってきました。

特に女性に多い股関節の病は、中高年以降で患者が多くまたその痛みは激しい
ようで、耐えかねて人工股関節手術という大手術を行う方もいるようです。

そんなひどい症状になる前に、この方法で充分に予防ができるのです!

まさに夢(魔法)のような方法です!!

(O脚の改善、女性に多い股関節の病の予防については、後ほど特典として
載せています。)

「私が発見したこの矯正法とある方法で、慢性的な腰の痛みや苦しみが少しでも
早く解消されますように、そしてこれらの方法がより多くの人達に知って頂ける
ことを願っています。」【続きを読む】

腰痛改善法「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

人気ブログランキングへ
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD

head_02-H3.jpghead_03-H3.jpghead_04-H1.jpghead_05-H.jpghead_06-H.jpg

image01_20120419184041.jpg
title-H_20120419184059.jpg

sub01.jpg

申し遅れました、穴吹弘毅(あなぶき こうき)と申します。
脊椎整形外科医であり穴吹整形外科クリニックの院長をしております。
今回「1日3分で腰痛が改善する体操」をご紹介させていただきます。

この体操は、医師から「手術しかありませんね」と言われた重度の腰痛で
あっても、1日わずか3分やることで改善する例が多くあります。

私は、現役の整形外科医です。今まで2000例以上の手術をやってきました。
ですから、手術の効用は知っているつもりです。
その私が「手術することなく腰痛を改善する方法」をご案内します。

私は、何度も人様の腰にメスを入れてきた人間です。
いろんな人が腰痛改善法を紹介していますが、
手術の経験のある現役の医師が紹介している腰痛改善法は、少ないのでは
ないでしょうか。
メスを入れ、人の腰の中を見た経験があるからこそ、言えることがあります。

また、手術する側の人間だからこそ、
「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症・すべり症」「分離症・分離すべり症」と
診断された場合でも、「実は、手術なしでも改善できるケースが多くある」と
言い切ることができます。


さて、「1日3分で腰痛が改善する体操」ですが、一朝一夕にできたものでは
ありません。
私は、若いころ腰痛の治療をした患者さんのなかなか治らない姿を見て物凄く
悩んでいました。
「何とか治したい」、そう思って様々な勉強してきました。

普通、医師は自分の専門にこだわるところがあります。
しかし、私は極論
「腰痛が治せるのであれば、方法は何でもいい。何でもやる」
という考えがありました。

ですから、専門の脊椎外科はもちろん、
カイロプラクティック、漢方治療、鍼治療・・・、
腰痛を改善させる可能性のあるものは手当たり次第に勉強しました。

そして、それらの終着点が今回ご案内する「1日3分で腰痛が改善する体操」です。

pro_20110731.jpg

あなたの腰痛は「椎間板ヘルニア」でしょうか。
あるいは、「脊柱管狭窄症」でしょうか。
もしかしたら、医師から坐骨神経痛とかぎっくり腰(=急性腰痛症)と
言われているかもしれません。

いずれの場合であっても、本サイトはあなたのお役にたてると思います。

なぜなら本サイトに書かれていることは、病名を問わず、
今まで2万人以上の腰痛患者を治療してきた実績に基づくものだからです。

またこの方法は、「日本腰痛学会」「日本リハビリテーション医学会」など
数多くの学会や講演で発表し、
他の医師からも「腰痛改善法の常識を覆した」と、その効果を認められている
方法だからです。

そんな腰痛改善法を通し、
私が「手術をしなくても腰痛が改善する」と言い切ることができる方法を
お教えします。

その方法は、どなたでもできる簡単なものです。時間も3分もあれば充分です。

また、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症・すべり症」「分離症・分離すべり症」
「坐骨神経痛」「ぎっくり腰」、
いずれの症状であっても、「1日3分で腰痛が改善する体操」に、まずお任せください。

きっと、あなたの辛い腰痛の悩みを解消できると思います。

さて本サイトでは、医学的な表現も多少出てきます。
より分かりやすくご説明させていただく意味で、重要なことは要所、要所で
【ポイント】としてまとめながら進めさせていただきます。

point_01.jpg

「1日3分で腰痛が改善する体操」は過去2万人の腰痛を治療してきた実績に
基づくものです。
数多くの学会や講演会でも「常識を覆した」と称賛されました。
また、手術を勧められたような「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症・すべり症」など
にも効果が多く認められています。「坐骨神経痛」や「ぎっくり腰」もお任せください。

sakusei.jpg

sub02.jpg

「1日3分で腰痛が改善する体操」の話しをする前に、極めて重要なことを
述べておきます。

多くの人が「腰痛って、なかなか治らない」と言います。
なぜ、なかなか治らないのでしょうか?

あなたも、そのことで悩んでおられるからこそ、本サイトを訪問された
のだと思います。

あなたにお訊きします。
あなたは、
「椎間板ヘルニア」あるいは「脊柱管狭窄症・すべり症」「分離症・分離すべり症」
などの病名を告げられ、そのための治療を受けながら、効果がないと悩んでおられる
のではないですか?

もしくは、腰の痛みの原因として、
「坐骨神経痛」や「ぎっくり腰」といった症状を告げられたのではないですか?
(※「坐骨神経痛」や「ぎっくり腰」は病名ではありません。医師が痛みの原因が
分からないとき便宜的に使う症状を表す言葉です)

私が考えるに、腰痛という病気は複雑であり原因がわかりにくい病気です。
原因がわからなければ、当然適切な処置ができません。

だから、「薬物治療」「牽引治療」「温熱治療」などを受けても、
腰痛はなかなか治らないのです。
また、「レーザー治療」などの手術までしても治らない人がいるのも、このためです。

多くの医師は、レントゲンやMRIの画像で腰の痛みの原因を探ろうとします。
これが、腰痛の原因を正しく解明できない大きな要因となっています。
なぜなら、以下2つの理由があるからです。

1つ目の理由は、痛みの原因は、MRIなどの画像では判別できないケースが
多いのです。

例えば、腰に痛みを感じ、整形外科でMRIなどの画像を元に医師の診断を受けたとしても、
画像上で見る限りでは、腰痛の原因を判別できない場合が多いのです。

2つ目の理由は、画像に痛みの原因と思われるものが写っていたとしても、実は、
痛みの原因ではなかったというケースです。

例えば、画像の中でヘルニアが確認できたとしても、痛みの原因がヘルニアではなく、
実際に痛みを感じている原因がそれ以外にあるという場合も意外と多ということです。

ご存知でしたか?

画像だけの診断では、多くの場合、腰痛の原因を判別できないのです。

また、画像が何らかのメッセージをくれたとしても、間違っている場合があるのです。
このことを、まずはしっかり認識しておいてください。

私は、腰痛の原因解明に長い間力を尽くしてきました。
そして、腰の痛みを引き起こしている具体的な原因を90%以上の確率で
解明することができるようになりました。

まずは、このことを重々承知しておいてください。

point_02.jpg

「腰痛は、なかなか治らない」。
その一番の原因は、「痛みの原因が、明確に分かりづらい」ということにあります。
原因がわからなければ、適切な治療もできず、結果治りません。

この体操の大きな特徴は、90%以上の確率で痛みを引き起こしている原因を解明し、
適切な治療を行う点です。

sub03.jpg

さて腰痛といえば、下記の2つが代表的です。

「椎間板ヘルニア」
「脊柱管狭窄症・すべり症」

その他、癌など内臓疾患や圧迫骨折からくる腰痛もあります。

あなたが、例えば医師から「あなたは、椎間板ヘルニアですよ」と言われたとします。
医師は、当然椎間板ヘルニアを治すための治療を行います。
椎間板ヘルニアのブロック注射をしたり、場合によっては手術したりします。

でも、痛みがなくならないことが、多々あります。
何が、問題なのでしょうか?

答えは、「あなたの腰が痛いのは、椎間板ヘルニアが原因ではなかった」
ということです。

痛みの原因が的外れなものであれば、当然治療法もお門違いなものになり、
結果改善されるわけがありません。

では、椎間板ヘルニアなどの病名が告げられ、そのための治療を受けながら
改善しない場合、痛みの原因はどこにあるのでしょうか。

それは、以下の4項目のいずれかである場合が多いのです。

yotu_syurui.jpg

また、痛みの原因が分からないため便宜的に「ぎっくり腰」「坐骨神経痛」と
呼ばれる腰痛なども、上記4つからくる場合が多いのです。

特に多いのが、「椎間板性の腰痛」「椎間関節性の腰痛」からくる痛みです。
このことをご存じない方が多いため、腰痛がなかなか治らないのです。
上記4つの原因は、MRIなどの画像では判別できません。
ですから、適切な治療が行われず、改善しない方が大勢おられるのです。

itami_genin.jpg

つまり、腰の痛みの原因は「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」といった
代表的な病名のものだけでなく、
先に説明した4つ「椎間板性の腰痛」「椎間関節性の腰痛」「筋筋膜性の腰痛」
「骨盤の関節性の腰痛」も範疇に入れて解明しなくてはならないのです。


こちらも医師の立場で責任を持って申し上げますが、
上記のことを知れば、激痛が走る腰痛も「手術なし」で意外と簡単に治るのです。

※「筋筋膜性の腰痛」は、主に筋膜の炎症などから来る炎症で、「骨盤の関節性の
腰痛」は、朝起きるときの腰痛が特徴的な難治性の腰痛です。これら2つの腰痛は、
ケースとしても少なく、ここで紹介する改善法では治す事が出来ないため、以降、
このホームページでは割愛させていただきます。

point_03.jpg

痛みの原因は、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」だけではありません。
この体操は「椎間板性の腰痛」「椎間関節性の腰痛」といったMRI写真では判断
できない原因も対応できます。

「坐骨神経痛」や「ぎっくり腰」と医師から告げられた場合も、
この2つが原因である場合が多いのです。

sub04.jpg

繰り返しますが、腰痛が治りにくいのは、原因がわかりにくいからです。
原因がわからなければ、適切な治療ができず、よってなかなか治らないのです。

逆に考えてみてください。

原因が明確に分かればどうでしょう。
その原因をピンポイントで治療できる方法があれば、
治りにくいといわれる腰痛も簡単に改善されると思いませんか?

そうなのです。
まさしくその通りなのです。

原因がわかり、適切な処置の方法が分かれば、通院や投薬などすることなく、
腰痛は改善されるのです。

本サイトでは、主に2つのことをお話しします。

jibunnjitaku.gif

「穴吹式・腰痛改善法」とは、まず「腰痛の原因をご自身で解明」していただきます。
そして、自宅で「痛みの原因にあった腰痛体操を行う」ものです。

ですから、私の腰痛改善法は、大きく分けて上記2部構成となっています。

引き続き、このサイトを読み進めてみてください。
あなたの腰がスッキリ、軽くなるためのノウハウを公開しております。

point_04.jpg

穴吹式・腰痛改善法が極めて高い効果を示す理由は
「明確に原因を解明し、適切な改善法を施す」という、通常腰痛治療では困難
なことを、きちんとご自身でできるようになるからです。

痛みの原因を知る方法、そして原因別に「1日3分で腰痛が改善する体操」を
ご用意しています。

sub05.jpg

私は医師として、今まで保存治療や手術を数多く手がけてきました。

実は、腰痛の保存治療は、ここ20年あまり進歩していません。

ちなみに保存治療とは、手術以外の治療法のことであり、
牽引治療、電気療法、ブロック注射などが該当します。

学会でも言われていることですが、
昔は腰痛治療の中心であった従来の牽引治療は効果がないため、
私のクリニックには従来の牽引治療機はありません。
電気療法機は、いいものも開発されていますが、
総合的に見て保存治療は進化していないというのが現状です。

対して、ここ20年で著しく進歩したのが、手術のテクニックです。

いかに短時間で、いかに傷を少なく、患者さんにストレスを感じさせず、
出血も少なくを目的とした手術の方法が開発され、
また効果も飛躍的に向上しており、安全に行えるようになっています。

このことを踏まえた上で、あなたに言いたいことがあります。

特に、「椎間板ヘルニア」と診断されたあなた!

これは、医者として責任を持って言わせていただきます。

syujyutsu.jpg

あなたが、医師から「椎間板ヘルニア」と診断され、
「手術するしかないですね」と言われたり、
色々な保存治療をやっても改善せず「手術しかないな」と思っていたりしても、
手術はちょっと待ってください。

実は、多くの整形外科医は、MRIなどの画像だけを見て、
すぐに、「椎間板ヘルニアがあります」と診断してしまうのです。

痛みの本当の原因は、別にあるかもしれないのにです。

ですから、「結局、手術を受けても、腰痛が改善されなかった」
という方が多いのです。

さらに、「椎間板ヘルニア」の手術方法として、
レーザー治療が広く行われていますが、

実は、この治療法は、学会で認められた方法ではなく、
科学的な検証もなされていない、安全面に疑問が残る手術方法です。

ですから、
手術はちょっと待って欲しいのですが、

私が本当に言いたいのは、以下の事です。
jyudono.jpg
【続きを読む】

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD

人気ブログランキングへ
リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

header-a1.jpg
header-a2.jpg

いまからの話は重要です。

なぜなら、リウマチは、薬に頼ることなく、2週間で痛みをやわらげる
ことができるからです。

その秘密を知りたい方は、まず、以下の話をお読みください…

much01.jpg

会社員のAさんは、今年51歳になります。

かれこれ、20年来、リウマチに悩まされ続けてきました。

はじめの頃は、関節が少し痛むくらいで、日常生活に支障はありませんでした。

しかし、40歳を過ぎた頃から、徐々に痛みに耐えられなくなり、
リウマチ治療薬を飲みはじめました。

薬を飲んでいるあいだは、痛みもなく、いつものように生活することができたので、
Aさんは、すっかり良くなった気分でいました。

しかし2年前、状況が一変しました。

「おかしいな…。さっき、薬を飲んだはずなのに、
まだ、関節が痛む…。」

Aさんは、これまで使っていた治療薬の効き目が、
以前よりも、弱くなってきたことに気がつきました。

やがて、痛みに耐え切れなくなったAさんは、かかりつけの医師に相談し、
いままで使っていた治療薬を変えてもらうことにしました。

「これで、また痛みをやわらげることができる…。」

しかし、新しく処方してもらった治療薬が、身体に合わなかったのか、
飲みはじめてすぐ、今度は、全身に湿疹ができてしまいました。

「痛みをやわらげるためだ、少しくらいは、がまん、がまん…。」

Aさんは、湿疹がでても気にすることなく、薬を飲み続けていました。

しかし、だんだん薬を飲んでも、痛みが治まらなくなり、
飲んでいないときの苦しみは、のた打ちまわりたくなるほどになってきました。

次第に、ひざを曲げる痛みに耐えられなくなり、
手すりがなくては、とても階段を降りることができません。

「まいったなぁ、少しでも痛みをやわらげられないだろうか…。」

さらにAさんは、薬を飲んでないときの痛みが、
以前よりも、ひどくなっていることに気がつきました。

「ひょっとしたら、どんどん悪化してるのかも…。」

なんとか、改善することはできないのでしょうか…?

much02.jpg

ある日のことです。

リウマチに苦しむAさんを見かねて、奥さんが、
家庭で取り入れることのできる改善方法を勧めてきました。

Aさんは、この手の改善方法は、あまり信用していませんでしたが、
わらにもすがる思いで、いまの治療薬と「併用」することで、
取り入れてみました。

すると、3日が過ぎた頃、信じられないことが起こったのです…!

毎日、少しずつですが、痛みがやわらいでいくのを
実感できるようになりました。

そして2週間後には、なんと、手すりを使わなくても、
階段を昇り降りできるようになったのです!

これまで、できなかったことが、どんどんできるようになり、楽しくて
しかたがありません。

Aさんは、一体、何を試したというのでしょう…?

much03.jpg

いきなりですが、大切な話をさせていただきます。

それは、あなたが、Aさんのような体験をするためにも、大切な話です。

中には、耳をふさぎたくなるような、聞きたくない話があるかもしれません。

しかし、今からの話は全て、あなたのリウマチを改善させる上で重要です。

なので、どうか、勇気を振りしぼって、そして、意識を集中してお聞きください。

では、はじめにひとつ質問があります。

あなたは、リウマチ治療に「特効薬」があると思いますか?

「あったらいいのにな…」
「そんなのがあれば、いますぐ買うよ!」

と思われるでしょう。

その気持ちは、わかります。

私もかつてリウマチで悩んでいました。

なので、そんな夢のような薬があったなら、生活費を削ってでも、手に入れた
いと思うものです。

しかし、あなたもお気づきの通り、リウマチ治療に「特効薬」はありません

残念ながら、これが悲しい現実です。

しかし、ご安心ください。
ある方法に取り組めば、「リウマチの痛み」をやわらげ、
リウマチを根っこから改善し、あなたの身体を正常な状態に戻せます。

結論からいうと、その方法とは、あなたの身体に起こっている、ある「異変」
を取り除く方法です。

それは、リウマチに悩む患者さんに共通して起こる「異変」です。

実は、リウマチに悩む患者さんの体内では、こんな「異変」が起きていたのです…

much04.jpg

あなたも、どこかで聞いたことがあるかもしれません。

実は、私達の生活環境は、たくさんのウイルスにさらされています。

つまり、私達は、ウイルスだらけの世界で生活しているわけですが、
普通は、ウイルスが体内に入ってこようとすると、
身体の免疫システムがはたらき、侵入させないように守ってくれます。

しかし、リウマチ患者さんの身体は、免疫がきちんと機能しておらず、
間違えて、自分の身体を攻撃してしまっています。

わかりやすく言うと、この免疫の「誤作動」が、リウマチの正体なのです。

しかし、あなたの服用している薬は、この誤作動を根っこから改善する
役割はありません。

リウマチ治療薬には、痛みをやわらげる効果はあっても、
リウマチの原因を根っこから改善する効果はありません。


つまり、痛くないのは、「薬を使っているあいだだけ」なのです。

したがって、根っこからリウマチを改善するには、薬を飲み続けるだけ
ではいけません。

リウマチを改善するということは、「薬を必要としない、正常な状態に、体を戻す」
ことなのです。

また、リウマチの薬には、とても恐ろしい側面があります…

much05-H.jpg

あなたの使っている薬も、例外ではないかもしれません。

もし、あなたが、薬を使い始めてから

・ 体に湿疹
・ 胃腸に不具合

を経験したことがあるならば?
それは、リウマチ治療薬による、副作用のサインかもしれません。

少し大げさに聞こえてしまうかもしれませんね。

しかし、もし、あなたに心当たりがあれば、あなたが服用している
「リウマチ治療薬」を見直したほうが良いかもしれません。

なぜなら、リウマチ治療薬は、

「まさか、これが副作用…?」
「よくある、体調不良の症状じゃないか…?」

と、軽く考えてしまいがちな症状から、深刻な副作用がでるからです。

先ほど申し上げたとおり、リウマチ治療の基本は「薬物治療」です。
まだ、リウマチの症状が軽いうちは、副作用の少ない「非ステロイド剤」を
使って治療します。

また、それで改善がみられないときは、「抗リウマチ薬」に切り替え、
それでも効果のみられないときは、「ステロイド剤」を併用するのが主流です。

しかし、関節リウマチは、病気の進行がはやいため、
近年では、はじめから、抗リウマチ薬とステロイド剤を「併用」するのが
主流になりました。

すなわち…

much06-H1.jpg

リウマチの治療の多くは、長い時間を必要とします。

あなたは、どのくらい長く、リウマチに悩まされ続けているでしょうか?

もしかしたら、まだ、発症が分かったばかりかもしれませんが、
あなたも、長い間リウマチに悩んでいる人の話は聞いたことがありますよね。

実は、この「長い治療期間」が、薬の副作用リスクを高めてしまうのです。

抗リウマチ薬は、炎症を抑える効果がありますが、
長期使用により、次第に効果が弱くなります。
なので多くの場合、やがてステロイド剤との併用を迫られることになります。

ステロイド剤は注意して使うことで、リウマチの炎症を強力に抑える
効果があります。

しかし、あくまで「対処療法」のため、リウマチを根っこから改善する
効果はありません。

関節の痛みをやわらげるためには、薬を使い続けなくてはならないのです。

ステロイド剤の使用を、急にやめてしまうと、
ホルモンバランスが崩れ、体調を崩しやすくなることがあります。

つまり、長期間にわたって使い続けるほどに、やめることが困難になるのです。

もし、あなたが、ほかにも治療中の病気があり、薬を飲まれているなら、
副作用のリスクは、さらに高まりますので、とくに気をつけなくてはなりません。

副作用リスクの大きさは、「ステロイド剤 > 抗リウマチ薬 >
非ステロイド剤」です。

しかし、薬の効果というのは、強すぎても、また逆に、弱すぎてもいけません。

したがって、処方の際には、専門の医師であっても、ジレンマに陥るといいます。

もし、あなたが以下のような「身体の異変」を感じたなら?

・ むくみ、だるさがある
・ 身体に湿疹ができた
・ 胃腸に不快感を感じる
・ 急に太りだした、または食欲がなくなった
・ 寝付きが悪くなった

すぐに、医師に相談し、薬の使用を控えるよう気をつけてください。

どれも、「まさか、これが副作用…?」と思って、見過ごしてしまい
がちな症状です。

しかし、一歩ふみ込んで、検査をすることが、大切なのです。

なぜなら…

much07-H1.jpg

悲しい現実ですが、どんな薬にも、必ず副作用はあります。

リウマチは、ほかの病気に比べて、長期間にわたっての治療になります。

なので、それだけ、たくさんの薬を使うことになります。

長期間にわたって、薬を使い続けると、当然、それだけ副作用のリスクは
高くなります。

たとえば、あなたは、「ムーンフェイス」という言葉を聞いたことがありませんか?

ムーンフェイスとは、満月様顔貌ともいわれる、
ステロイド剤のよく知られている副作用のひとつです。

これは、満月のように、顔が丸く腫れ上がり、顔つきがかわってしまう副作用です。

長い時間をかけて少しずつ変化するため、初期段階では、なかなか気がつきません。

このように、リウマチ治療薬による副作用は、むくみ・だるさなど、
はじめは、なかなか副作用と気がつきにくい症状としてあらわれます。

しかし、長期間にわたる使用により…、

  ・ 糖尿病
  ・ 高血圧
  ・ 高脂血症
  ・ 動脈硬化
  ・ 血管炎
  ・ 骨粗しょう症
  ・ 白内障
  ・ 緑内障
  ・ ステロイド潰瘍

など、とても深刻な副作用の原因となることが報告されています。

なかには、「リウマチ治療のために薬を飲んでいた」はずなのに、
いつの間にか、「リウマチの痛みよりも苦しい、副作用に悩まされている」

という方もいます。

ほかにも、「副作用に苦しむくらいなら、少しくらいリウマチで痛いほうがいい!」
と、すでにあきらめてしまっている方も多くいらっしゃいます。

しかし、痛みをがまんしたままの生活は、考えているよりつらいもので、
痛みのなかったときは、思いもしないような、多くの不便を強いられる
ことになります。

また、そのような「がまん」が、さらなる症状の悪化や、
関節の破壊を引き起こす原因となっているのです。

そうなると、思うように運動はできず、階段の昇降でさえ苦痛になります。

指が思うように曲げられず、蛇口をひねるだけで痛み、
包丁を持つものつらくなります。

ふだんの生活で困ることが多くなると、行動範囲は狭くなり、気分も沈みがちに
なってしまいます。

とても、恐ろしいですよね。

私も、常にこのような恐怖を感じながら、薬を服用する毎日でした。

しかし、ご安心ください…

much08-H7.jpg

改めまして、こんにちは。

リウマチ改善アドバイザーの稲垣と申します。

現在、私は、リウマチ改善の専門家をしていますが、
わたし自身も、長い期間、リウマチに悩み続けた経験があります。

あなたのつらさは、身に染みてわかります。

あなたは、リウマチの苦痛から解放されるために、
色々な改善法を探した結果、今、このページをお読みのはずです。

私も昔は、今のあなたと同じように、色々な改善法を探し、そして、実際に
試してきました。

リウマチへ効くと言われる温泉を巡ったり、他にも、漢方、サプリ、
食事療法、鍼灸、リハビリなど、様々なものを試して来ました。

しかし、本当に効果があると言えるものは、ごくわずかなものでした。

このような遠回りは、お金も時間もかかるだけです。

何より、今こうしている間にも、根っこの部分で
リウマチは進行しており、あなたを苦しめているのです。

リウマチは、放っておくと、関節を破壊します。

破壊された関節を修復することは不可能で、最悪の場合、
車椅子や、寝たきりの生活になってしまいます。

そうならないためにも、「早期発見・早期治療」で、
できるだけ完治に近づけることが、とても大切です。

だからこそ、今回は、あなたがリウマチを改善する上で、最短コースを
走って頂くためにも、私がどのようにしてリウマチを改善してきたか?
その全てをお伝えします。

まず、わたしがリウマチを改善できたのは、
ふだんの治療に併用して、独自の「リウマチ改善術」を実践したからです。

この、リウマチ改善術は、副作用の心配が一切なく、
毎日の生活にかんたんに取り入れることのできるものです。

さらに、すべて「改善効果が認められた方法」です。

つまり、あなたは今日、「リウマチの痛みをやわらげる効果があり、
安心して続けていただける改善方法」を、手に入れるのです。

では、具体的に、どのようにして、あなたのリウマチを改善すれば良いか?

まず、大切なことからお伝えしましょう…

much09-H8.jpg

結論から申し上げます。

まず、あなたが薬の副作用を恐れずに、
短期間でリウマチを改善するには、あることを、知っておく必要があります。

それは、あなたが抱えるリウマチの原因についてです

直感で良いので、考えて頂きたいのですが、あなたのリウマチの原因は、
以下の3つのうち、どれにあてまはると思いますか?

genin.jpg

なかなか、素人では判断つきにくいものですが、
「もしかしたら…」と、思い当たったふしはありませんか?
であれば、幸いです。

なぜなら、これら3つの原因にあわせた改善術を使えば、あなたのリウマチは、
私と同じように、早くて2~3日で痛みをやわらげ、2週間ほどで劇的な改善が
期待できるからです

しかも、その改善術は、ご家庭でかんたんに実践できます。

実際、これら3つの原因を抱えていたリウマチの方々の多くが、その原因に
あわせた改善術を実践し、副作用の心配なくリウマチを改善し、痛みから
解放された実績があります。【続きを読む】

リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

人気ブログランキングへ
【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で出来る改善プログラム
改善しなければ100%返金保障付き


block2.jpg

のべ9万人以上の患者さんを救い続けている「首の治療の専門家」が病院や治療院に
通わなくても、「頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法」
をお教えします。

信じられないかもしれませんが、この方たちは手術を受けることもなく、高額な薬や
サプリメントを飲むこともなく、「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」
を改善しました。

しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで・・・

たった 5分間と聞くとあなたは「怪しい」「嘘だ」と思ったかもしれません。

でもこれは20年の治療歴を持つ、現役の柔道整復師が21日間で実際に結果を
出したまぎれもない事実です。

ではこの方たちが何をしたのか?

その秘密を包み隠さず公開します。

はじめまして

徳永英光と申します。


私は神奈川県の相模原市で接骨院を構え、12年目になります。たくさんの
スタッフに支えられ毎日多くの患者様の施術を行っています。

あなたは
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」は
一生付き合わなければいけないと思っていませんか!


私はある方法をとることで、他では治らなかった「頚椎症」「頚椎ヘルニア」
「ストレートネック」の患者さんの症状を改善することが出来るようになりました。

一般的に
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」は完治することはなく、悪化
すれば手術が必要で、手術が必要でないケースでも症状が進行しないように上手く
つきあっていくしかないとされていました。

私がサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

正しい改善方法を知らないで、「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」
の症状で苦しんでいる人があまりにも多いからです。

そして「正しい方法を実践すれば、首の痛みはそんなに苦労しなくても改善する
ことが出来る」という事実を知ってもらい、あなたに二度とつらい症状に悩ま
されないで、健康で快適な生活を送っていただくためです。

「でも結局、長い期間治療に通ったり、
薬を飲んだりしないといけないんでしょ」


という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

私のところに来られる方も以下のような悩みを抱えています。

「首の痛みや肩のこり、手のしびれを何とかしたいが
治療に通う時間がない・・・」


「病院で処方された薬を飲み続けているが、
なかなか良くならない・・・」


「いろいろ健康器具や枕を試したが
どれもあまり効果がない・・・」


しかし私は、通院することなく、手術や薬に頼ることなく、安全な方法で
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善することが
できないかを、研究しつづけました。

そしてついに“あること”を発見したのです。

その瞬間は
「これだ!これなら安全かつ高い確立で
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善することができる!」

と飛び上がるほど喜んだのを今でも覚えています。

そして、その“あること”を実際に「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」
で悩んでいる人に試してもらうことにしたのです。

copy7-1.gif

その人は、それからも、つらい症状に悩むことなく健康な状態が維持できる
ようになりました。

この方の場合は私も驚いたほど早く症状が改善されたケースですが、
他の方もたった7日~21日間で大幅に「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」
の症状を改善することができたのです。

もちろん、薬を飲んだり、首の骨をボキボキ鳴らすような危険を伴う施術は一切
行っていません。

つまり全く体に負担をかけることなく「首」に関連するしびれや痛みを改善させる
ことに成功したのです。

copy7-2.gif

そしてこの改善法は、つらい症状を改善するだけでなく

img002.jpg

通常「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」の一般的な治療はどうでしょうか?

midashi1-H1.gif

「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」と病院で診断された場合、痛み
止めや末梢の血行を改善するお薬を処方してもらうことが多いようです。

しかし、これらのお薬はすべて「症状」に対する治療です。「頚椎ヘルニア」「頚椎症」
「ストレートネック」に対してではなく、それらによって引き起こされる「痛み」や
「しびれ」に対するお薬です。

ですから、そのお薬を飲み続けても、あなたの「頚椎症」「頚椎ヘルニア」
「ストレートネック」が根本的に治ることはありません。

一方、薬を飲む以外の治療法はどうでしょうか?

首を引っ張る「けん引治療」や首や肩に対する「温熱療法」や「電気治療」
「痛い部分に対するマッサージ」等がありますが、これらもつらい症状を
軽減させる「対症療法」です。

わたしも以前はつらい部分に対して手厚いケアをしていけば何とか治せると思い
施術をしてきました。

しかし、どんなに首のマッサージを頑張って行っても、その時はラクになってもまた
元に戻ってしまうのです。

東洋医学の「鍼灸治療」も、つらい症状に対して効果はありますが根本的な治療法
にはなりません。

もし首の骨をボキポキ鳴らすような、整体やカイロプラクティックの治療を行っている
のであれば非常にリスクが高いと思ったほうがよいでしょう。

ただでさえ首の骨はとてもきゃしゃで弱い骨です。それに加え、首の骨やその間の
軟骨が悪い状態でそのような施術を受けることは、下手をすると重篤な後遺症を残す
可能性さえあります。

midashi2-H1.gif

では根本的な治療として「手術」がありますが、首には大切な神経や血管が狭い
部分に密集していますので、手術をする医師にはかなり熟練した技術が必要と
言われています。

万が一、神経をキズつけるような事があれば、今ある症状以上の後遺症が残る
可能性もあります。最悪のケースでは手足に麻痺が一生残ります。

つまり手術には大きなリスクが伴います。

また手術、入院、リハビリという過程を考えた場合、時間的にも金銭的にも大きな
負担を強いられます。

例えば頚椎ヘルニアの手術を選択された場合、入院、自宅療養の期間を合わせると
通常の生活を送れる程度まで最低1ヶ月は必要でしょう。

その後も経過観察のための診察やリハビリを行うことを考えても、忙しいあなたの
貴重な時間をかなり割かなければいけません。

金銭的な負担についてですが、手術、入院のみの費用だけを考えても30万~40万は
必要になります。

もちろんその前後にかかる通院時の診察料やお薬代、交通費は別途発生します。

手術入院ということになれば、あなた自身やご家族にかかる精神的な負担に加え、
現実問題として休職やまとまった費用の負担という実際のご負担が必要になります。

そしてもう一つ大切なことですが、残念なことに手術をすればすべての問題が
解決されるわけではないということです。当院に来院された患者さんの中でも
手術をしたが、まだ痛みやしびれが残っているという患者さんも少なくありません。

危険な場所に対する手術という大きなリスクを払い、大きな金銭的、時間的犠牲を
払ったとしても、すべての症状が改善される保障は全くないということです。

結果として多くの人が「頚椎症」「頚椎ヘルニア」と診断されても
「手術以外の方法で様子を見ることを薦められる」のはこのためです。

midashi3-H1.gif

対症療法は根本的な解決にはならない!

手術はリスクや負担が大きい!

でもつらい症状は改善したい・・・

そんな悩みが多かったからこそ、私は「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」
の改善法を研究開発したのです。

私が開発した方法は

copy8.gif

この改善方法はあるアイデアから生まれたのですが、当初からすべてが上手く
いったわけではありません。

患者さんの状態によっては、それを行うことが難しいのです。

患者さんの状態は十人十色ですので、その方法でどんどん改善する患者さんと、
なかなか改善しない患者さんがいらっしゃいました。

この改善方法を行い始めて5年以上経ちますが、様々な研究を行ってきた結果、
効率の良い進め方を見つけることが出来ました。その方法であれば、ほとんど
すべての患者さんに対応できる方法です。

それをまとめたのがこのプログラムです。

あなたもこの方法で「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しませんか?

copy7-4.gif

たしかに、自分にもできるのかな・・・と不安に思うかもしれません。

しかしご安心ください。

この「頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネック改善法」は何も難しいことはありません。

だれにでもできる簡単な方法です。

おおまかに言うと、たった3つのことをやっていただくだけです。

img003.jpg

たったのこれだけです。

これだけのことを実践していただくだけで、
気がついたら「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」が改善している
のを実感することでしょう。

copy7-3.gif

「じゃあ、具体的にはどうすればいいでしょうか?」

はい、この方法を直接あなたにお教えしたいところなんですが、私は現在開業医
として一日に何十人もの患者さんを診ており、直接お教えするには時間的に限界
があります。

ですので、「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」でお悩みのあなたの
ために、この「改善法」の秘密のすべてを初公開したDVDを作成しました。

DVDなら自宅でいつでも、何度でも見ることができます。
また映像を見ながら真似をするだけでよいので、誰でも簡単に実践できます。

そのDVDの一部を紹介すると・・・【続きを読む】

    

【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で出来る改善プログラム
改善しなければ100%返金保障付き


人気ブログランキングへ